人物

上杉鷹山はどんな人?

2023年1月3日

山形県の米沢藩主・上杉鷹山は、江戸時代に藩の財政を立て直して貧しい藩を救った名君として有名な人物です。

以下に、上杉鷹山のすごさや実績、その一生をまとめました。

■上杉鷹山とは

上杉鷹山(上杉治憲)
[生]1751.7.20 江戸[没]1822.3.12 米沢

江戸時代中期の米沢藩主。号は鷹山。日向高鍋藩主秋月種美の次男で、上杉重定の養子となり明和4年(1767年)に家を継ぐ。細井平洲などに師事して知識をたくわえ、当時財政的には破産状態にあった米沢藩の改革を、みずから率先して倹約を行うなどして、実施した。また新田開発をして耕地をふやし、養蚕の奨励をはかった結果、米沢織などの特産品を生み出し、農民の疲弊を救った。さらに人口増加に努めたので米沢藩の財政はようやく再建された。松平定信らと同じく、名君の誉れが高かった。

(ブリタニカ国際大百科事典より)

上杉鷹山(うえすぎようざん)は江戸時代中期の米沢藩主で、政治手腕と誠実な人柄を併せ持つことから人々に慕われ、現代においても理想のリーダーとして挙げられる人物です。

鷹山をテーマとする本も数多く出版され、童門冬二氏の「小説・上杉鷹山」や経営ビジネス書などがあります。

上杉氏というと上杉謙信が著名で、鷹山の知名度は高くはないですが、その実績を振り返ってみると、何故その名が現代まで語り継がれているのかが納得できると思います。

 

”号” は本名とは別に使用する名前で、子供の頃や隠居後に「鷹山」の名を使用していました。

藩主の時の名前は治憲(はるのり)ですが、一般的には鷹山の名で知られているので、この記事内でも名前は「上杉鷹山」で統一しています。

 

以下に、鷹山の人生を時系列にまとめました。

1.鷹山の幼少期

上杉鷹山は、1751年に高鍋藩の藩主・秋月種美(たねみつ)の次男として誕生し、幼少期は兄・種茂と共に高鍋藩江戸藩邸にて、老臣・三好善太夫重道から教育を受けて育ちました。

高鍋藩:石高3万石の宮崎県の小藩で、「存寄(ぞんじより)」という制度で武士の意見を集め、優れた意見を採用するという、当時としては珍しい取り組みを行っていて、藩校を開設する藩士教育に熱心な藩だった。

鷹山の母親は鷹山が幼い頃に他界していたため、鷹山は一時期、祖母・瑞耀院(上杉家出身)に養育されていて、この祖母が鷹山の聡明さに感心し、跡継ぎのいない弟・上杉重定(第9代米沢藩主)に養子として勧め、鷹山は10才で上杉家に養子入りしたのでした。

上杉家のおかれた状況

上杉家はかつては石高120万石の強大藩だったが、関ケ原の戦いで敗けた側だったことから、1601年に山形の米沢に本拠を移し領地が大幅に減り、その際に家臣を解雇しなかったため、武士が全人口の25%もいて人件費が藩の財政を圧迫していた。

そのような中でも歴代藩主は贅沢な暮らしを続け、普請(幕府の城や建造物の建築などの手伝い)や冷害や洪水による凶作と減収も重なり、藩は多額の負債を抱えるようになった。

当時日本の多くの藩が財政難だったが、米沢藩はその中でも極めて苦しい状態で、農村では餓えや一家離散などで人口が減り、1692年に13万人台だったのが1761年には10万人を割り込んでいた。

鷹山の養父で9代藩主の重定は、政治に興味がなく家臣の森平右衛門に任せていて、自身は能や祈祷に明け暮れ華美な生活を送っていた。

鷹山が養子入りした頃には藩の財政は破綻寸前で、武士に扶持米(給料として支給された米)が支給されないことや給料カットも常態化し、武士や足軽による城下打ち壊しや勘定頭をつるし上げる騒動が起きていた。

重定に任され藩政の実権を握っていた森平右衛門は、身内を次々と重要ポストに登用し贅沢をしていて、これが問題視され竹俣当綱により処分された。

また、藩の問題点を書いた文書が幕府に箱訴される事態も発生し、藩の大名と家臣の信頼性が揺らいで藩の存亡が危ぶまれる状態になり、藩主の重定は幕府へ領藩を返上することを検討するまでになっていた。

鷹山が藩を継いだ時期、負債は20万両までになっていた。

(少し時期は前だが、1720年の米沢藩の年間の支出が3万3696両なので、約6年分の歳費相当の借金があった計算となる)

※下記サイトの2021年の資料によると、20万両=現在の換算で200億
http://www.yonezawa-yuuikai.org/

2.藩主としての教育を受ける

上杉家に養子入りした鷹山は、上杉家江戸邸で藩主になるための学問を修めた。

当時江戸邸には、藩の財政悪化を憂い改善を志す人々が集まっていて、藩の江戸家老・竹俣当綱(たけまたまさつな)は鷹山に、上に立つ者の心持ちや情が大切であることを説き、藩医の藁科松伯は、江戸の町で辻講釈をしていた儒学者・細井平洲に感銘を受け、鷹山の師として屋敷に招いた。

鷹山は師の細井平洲に従順に学び、平洲は鷹山に、民を自分のようにいたわることを繰り返し説いた。

鷹山は他にも、滝鶴台、渋井太室、南宮太湫からも学び、熱心に読書し学問に励んだ。

細井平洲は尾張の農家出身の儒学者で、名古屋、京都で学んだ後、長崎で中国語を学び、江戸に出て私塾を開き多くの人材を育てた人物。

3.財政改革の立案と実行

(「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」は鷹山が読んだ歌です)

1767年、鷹山は16才で米沢藩主の座に就いた。

就任の際、鷹山は上杉氏を祀る春日神社に誓いの誓詞を奉納した。(「民の父母となること」という思いを込めた和歌も書かれていた)

鷹山は、竹俣当綱、莅戸善政、藁科松白らを側近に登用し、江戸藩邸で無駄遣いを改めるための方針を立て(倹約令)、藩の財政改革に踏み切った。

鷹山は、家臣に見本を示すため自らが率先して倹約を行い、妻の幸姫付の奥女中を50人から9人に減らし、江戸での生活費を1500両から209両とした。また藩主であるのに絹ではなく木綿の着物を着て、食事も質素に一汁一菜とした。

鷹山は米沢から家老の千部高敦を呼び出し、倹約令を伝達した。古参の家老達は、世襲制ではなくなったことに不満を抱き、鷹山のやり方に猛反発した。

藩政改革の実行

1769年、藩主に就任して2年目、鷹山は初めて領地の米沢に足を踏み入れた。(当時は藩主は参勤交代で、江戸と領地に1年おきに暮らしていたため)

通常参勤交代では、どの藩も見栄を張るため臨時用員(バイト)を雇って列を大人数にして立派に見せていたが、鷹山は経費削減のために人員を大幅に縮小し、みすぼらしい行列となった。しかし鷹山は全く気に留めなかった。

米沢の城に到着し、鷹山の入部を祝う席が設けられたが、鷹山の指示で豪華な料理は出させず赤飯と酒だけにした。

鷹山は初めて家臣たちと対面し、民のために働くことを信条として掲げ、農耕を重要視することを挙げた。足軽などの下級武士にも声をかけた。

鷹山は側近らとともに藩政改革を実行に移し、農業と産業の強化などを行った。

鷹山の改革の実行と成果

具体的な改革の内容は下記の通り。(内容準備中)

農政改革

 

産業の振興

 

利水事業

 

藩校の設立

 

飢饉対策

 

側近の役割

■竹俣当綱

■莅戸善政

 

鷹山の私生活

質素な暮らし

鷹山は生来体が丈夫で病気にかかることも少なかった。本人の意向で倹約のための質素な生活は生涯続いた。

2人の妻

先代領主の二女で正妻の幸姫(よしひめ)は、障がいがあり体も小さく10才位の知能で、普通の夫婦の関係を望める状態ではなかったが、鷹山は江戸に滞在している時は、雛人形やおもちゃで姫の遊び相手をして慈しんだ。

また、当時、藩主は側室を複数置くのが普通だったが、鷹山は江戸には側室を置かず、周囲の勧めで10才年上の豊姫と婚姻し、米沢に側室として置いた。豊姫は頭が良く、鷹山の良き理解者となった。

(豊姫との間には2人の息子が誕生したが、いずれも夭折したため跡継ぎはいなかった)

引退後の活躍

伝国の辞

1785年、鷹山は35才という若さでいったん次期藩主・治広(先代・重定の四男)に座を譲った。

座を退く際、鷹山は君主の心得として治広に「伝国の辞」を残した。

一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候
一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候
一、国家人民の為に立たる君にして君の為に立たる国家人民にはこれ無く候

意味は、

・ 国(藩)は先祖から子孫へ伝えられるものであり、我(藩主)の私物ではない。
・ 民(領民)は国(藩)に属しているものであり、我(藩主)の私物ではない。
・ 国(藩)・民(領民)のために存在・行動するのが君主(藩主)であり、“君主のために存在・行動する国・国民”ではない。

(weblio辞書より引用)

これはまさに民主主義をかかげたものであり、欧米ではじめて民主主義が掲げられるより前に唱えられていたのだった。

退いた理由は、前藩主の重定に、治憲が養子入りした後に実子が出来たので、実子に座を譲ったということが言われているが、普請(幕府の城や建物の作業の手伝い)を避け節約するためだったとも言われている。

この頃、幕府から普請を要請されそうな時期だったが、鷹山の代で行っても代替わり後にもまた普請が課されるため、二重に費用がかかってしまい、このタイミングで引退すれば鷹山の時に普請を行わずに済み費用が浮く、という理由だった。

後見人として活躍

鷹山は藩主の座は譲ったものの、再び藩が財政難に陥ると、周囲の後押しで再び政治の場に復帰し、現藩主の後見人として藩を立ち直らせた。

その後1802年に剃髪し鷹山と名乗るようになり(名の由来は米沢藩北部にある白鷹山と言われているが、子供の時すでに使用していたという説もある)、1822年に70才で逝去した。

 

■感じたこと

江戸時代にも現代の会社の状態と同じようなことがあるなど、時代は違えど変わらないこともあるのだなと思いました。

しかも鷹山は閉塞感で立ち直りそうにない組織の立て直しに成功したというのが、本当にすごいと思います。

あと、リーダーが違うとこんなにも違って改革が実現するのだなと思いました。

また、海外で初めて民主主義が唱えられる前に、既に民主主義を掲げていたというのも、先見の明がすごいです。

■大河ドラマ化

「小説・上杉鷹山」は1998年にNHKで「上杉鷹山-二百年前の行政改革-」として筒井道隆さん主演でドラマ化されました。

近年、米沢では上杉鷹山の大河ドラマ化運動が行われているので、近いうち大河ドラマ化もあるのではと思っています。

■上杉鷹山に関する書籍

小説・上杉鷹山

1983年刊行。鷹山の生涯を物語として描いた作品で、著者の童門冬二氏の代表作です。

 

この記事作成のために参考にした図書:「上杉鷹山と米沢」小関悠一郎、「小説・上杉鷹山」童門冬二、「内村鑑三の『代表的日本人』」童門冬二、「シリーズ藩物語 米沢藩」小野榮など

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

おすすめの本・漫画・アニメ・ドラマや、お得な動画配信サービス・電子書籍のレビューサイトです。調べものが好きなので各作品の豆知識的なことも紹介しています。

-人物,