「サザエさんの東京物語」まーねちゃん 洋子のその後

2021年10月2日

長谷洋子さんの本「サザエさんの東京物語」をネタバレで紹介します。

長谷川洋子さんはサザエさんの作者・長谷川町子さんの実妹で、NHK朝ドラ「まーねちゃん」の末っ子・ようこのモデルとなった方です。

この本は洋子さんが80代になってから書いた本で、長谷川一家が過ごして来た日々が、幼少期~晩年までが洋子さんの視点で書かれています。

身内にしか見せない町子の意外な素顔や、町子のエッセイ(朝ドラの原作「サザエさんうちあけ話」)では触れられなかった深い話、晩年の姉妹の断絶、遺産相続になどについて読むことができて面白い本です。

(本記事は、文章を完結にまとめるため敬称略している箇所があります)

■関連記事

長谷川町子一家を描いた朝ドラ「マー姉ちゃん」あらすじ

続きを見る

「まーねちゃん」のようこのその後は?

ドラマ「マー姉ちゃん」に登場する3姉妹の末っ子・ようこのモデルは、長谷川町子さんの妹・長谷川洋子さんです。

ドラマ内のようこの性格や遭遇する出来事は基本的に事実と同じです。(姉2人の勢いに押され大人しい性格だった、菊池寛氏に師事し文芸春秋社で働いた、病気で長期間療養したなど)

(写真屋さんのおじさんに懐いていたエピソードだけは、町子のエピソードを元にした話で、洋子さんの出来事ではないです)

ドラマ中盤でヨウ子は病気にかかりますが(「肺浸潤」というもので肺結核の初期の状態)、ドラマ内でも現実でも無事回復し、戦後再び家族で上京した後、お見合いで結婚し娘2人のお母さんになります。

(洋子さんの長女はフランス在住でエッセイを出版していて、孫娘もフランスにて芸術分野で活躍しているようです)

サザエさんが大ヒットし、洋子さんは姉妹社の事務方を担うことになり、小説家にはなりませんでしたが、町子さんと長谷川家のことを描いたエッセイ「サザエさんの東京物語」を出版しました。

「サザエさんの東京物語」概要

「サザエさんの東京物語」には、長谷川家三姉妹とその母の、子供の頃~晩年のエピソードが書かれています。

2008年出版ですが、2015年発行の文庫本版の方では2章追加され写真もより多いので、文庫本がおすすめです。

→写真の印象は、毬子さんは目が大きくて華やかで、町子さんは毬子さんとは似ていなくてお母さん似、洋子さんは上品な感じで姉二人の間といった印象です。(ドラマの役者さんはイメージに近い感じがしました)

長谷川町子さんの素顔

長谷川町子さんは人付き合いが苦手で、漫画家として活躍するようになってからも、滅多に表舞台に出ることがなかったのですが、小学生の頃は殴る蹴るの乱闘もいとわないガキ大将だったそうです。

洋子さんにとって、町子姉は「意地悪ですごい甘えん坊な姉」で、洋子さんが幼いのをいいことに洋子さんの菓子代を平気で毎回せしめるなどされたそうで、町子本人も「サザエさんよりいじわるばあさんの方が自分の地のままで書けて気楽だ」と言っていたそうです。(あと、人一倍敏感で、話が面白い人だったとのこと)

一家にはもう1人、毬子と町子の間に娘さんがいて、7才の時亡くなっています。なので町子は元々三女で、甘えん坊というのも分かる気がしました。

ガキ大将だった町子ですが、東京に引っ越してきて入ったお嬢様学校・山脇学園に馴染めなかったのを境に内向的になってしまい、外で大人しい反面、家で喜怒哀楽の全てを発散していたそうで、超内弁慶だったようです。

洋子さんは強い姉たちに気圧され、すっかり大人しい子になってしまったそうです。

串団子の3姉妹

戦後ふたたび上京し一家がサザエさんの出版で成功しはじめた頃、洋子さんはお見合いで新聞記者の男性と結婚し、夫が長谷川家に住むことを了承してくれ、敷地内に同居していました。

しかし洋子さんの夫は2人の娘はまだ学齢前の時に若くして病気で他界してしまいます。

家族で出版社を経営していたので、洋子さんは姉たちとずっと一緒に暮らし続け、子供は姉妹皆で育てるような感じになりました。

毬子と町子は、姉妹3人がいつも一緒なことを「串団子」と言っていて(だんご三兄弟のようなかんじ)、共に暮らすことで心強く楽しいことも多くあったものの、洋子にとっては意見の強い姉たちに従わざるを得ず苦しい経験もあったようです。

例えば(結婚前の話ですが)、大学の進路を町子姉の意見で行きたくもない文系に行かされたり、娘の通学についてまり子姉が”姪が誘拐されないか心配”と譲らず、禁止されている車通学を続けさせて、洋子が学校に再三きつく注意されたりなどです。

→自分の進路をきょうだいに強制されるなんて、現代じゃありえないですよね‥親に強制されるのすら反発しそうなのに

姉妹の絶縁

洋子が60才間近の頃、家が古くなったので、近くに新しい家を建てる計画が持ち上がりました。(そのころ母は高齢で認知症になり病院にいた)

姉たちは姉妹3人一緒に暮らすつもりでいたのですが、洋子は、姉たちが先に新居に引っ越したあとに一人で1か月間古い家で過ごす経験をして、これまでにない自由さを感じたため、自分は古い家に残って姉たちとは別々に暮らすことを決意しました。

新しい家は徒歩10分位の所なので、洋子としては、今まで通り姉たちとは食事をしたり一緒に出かけたりするつもりでいたのですが、姉たちは別に暮らすと言った洋子を許せなかったようで、溝ができ関係が断絶してしまいました。

(その後、洋子さんは彩古書房という出版社を娘さんとともに設立し、興味のあった児童心理学や育児書の出版を行いました)

1992年、町子さんが72才で急逝した際も、毬子姉が秘書に口止めしていたため、洋子さんは町子姉の死をすぐに知ることが出来なかったそうです。(死因は心不全ですが、家の高い位置の窓を閉める際、脚立から落ちて全身を打ったのがきっかけでなくなったそうです)

町子さんが亡くなったあと、洋子さんは毬子さんに何度も手紙を出したり、誕生日に花を贈ったりしたものの受け取ってもらえず、毬子さんは2012年に94才で他界し、最後まで和解は実現しなかったそうです。

→町子姉の死を新聞で初めて知ったとしたらかなりのショックでしょうが、幸い秘書の方が知らせてくれたそうです。

「マー姉ちゃん」を視聴した身としては、あんなに仲の良かった姉妹が‥としんみりしつつも、続・マー姉ちゃんとして晩年を描いたドラマがあったら別のものとして面白そうです。

長谷川町子の遺産

洋子さんは、煩わしい話し合いを避けるため、町子の遺産は全て放棄していました(母が亡くなった時も放棄していた)が、町子が亡くなった翌年、家に税務署が訪ねてきました。

町子の遺産額があまりにも莫大な額で、普通放棄する例のないものだったので、「裏で貰っていてるのでは」と疑いがかかっていたものの、税務署が事前に洋子さんの財産を調べ、額が少なかったので疑いが薄れ、念のため聞き取りに来ただけだったのでした。

洋子さんは、理解されるか分からないと思いながらも、「余生は自分の好きなように暮らしたかった」という心の内を話し、あっさり理解して貰えたそうです。

→ちなみにこの時のやりとりで、洋子さんが「(遺産は)新聞には30億と書かれてましたが」と聞くと、税務署員が「とてもそんな額じゃない、もっと莫大な額だ」と答えたとあるので、きっと100億は下らないですよね、、

大ベストセラーを持つ大御所の漫画家は他にも多くいますが、長谷川家は出版自体も家族で行っていたので、収益も莫大だったのでしょう。

町子との思い出

しんみりした話ばかり書いてしまいましたが、面白いエピソードも書かれていました。

町子はしょっちゅう物を置き忘れるタチで、旅行の際、空港にバッグを置き忘れて海外に行ってしまったこともあったそうです。

また、洋子さんが町子とデパートの呉服売り場で待ち合わせていた時、先に来ていた町子が、バッグを離れた所に置いたままショッピングに集中してたそうです。

それを見た洋子さんは、バッグを隠して驚かせようと思って、そろりそろりとバッグに忍びよったら、警備員の警戒の視線を感じてあやうく物取り扱いされそうになったというエピソードもありました。

他にも、サザエさんが新聞に連載されていた当時、町子が案を2,3作ってどれにするかを迷った時は、洋子さんが見て一番面白いと言ったものを選ぶことが多かったそうです。

感想や考察

・本の感想で「絶縁になった理由がはっきり書かれていない」という感想もあり、たしかに疎遠になるまでのことが一言一句すべて書かれているわけではないですが、姉との関係が難しい面があったことは随所から分かり、お姉さんの振る舞いなどを考えると疎遠になったまでのことは理解できました。

また、「暴露本みたいで好きではない」という感想も見かけましたが、私は特にそうは思いませんでした。洋子さん視点での長谷川一家が知れて面白かったです。

変な言い方になりますが、「どこの家庭でも大変なことがあるんだなー」と思えて、癒され、60才目前で自分の人生を行きるために独立に踏み切った洋子さんに感銘を受けました。

「機関車に引かれる貨物列車同様、姉たちの引いたレールの上を走ってきた」「生まれてきた目的とは、自分に与えられた相応の器の中で転んだり、すべったりして生きていくことではないだろうか」という言葉が印象的でした。

(そうはおっしゃってますが、夫が早逝した中、当時の社会環境や家業を考えると、姉たちとに暮らしていたのは自然だと思います)

女性の集団って本当に人によるのですが、同調を絶対とする雰囲気があることがあり、それが過ぎると息苦しいのかなと思います。(どんな時も味方になってくれる安心感は大きいですが)

”一人の時間を持ってみてすごい自由を感じた”、というのも共感できます。家族と暮らしていると、良くも悪くも家族に影響される時間がとても多いと思うので。(たとえばテレビでどの番組を見るか、ということでも意見の強い人が決めるのが当然とか)

以上、葛藤的な側面を多く書いてしまいましたが、本には楽しいエピソードも多くあり(毬子さんが女学生時代盲腸になった際、直前に大福6個と菓子パン4つを食べていたという話など)、長谷川町子さん一家の歴史を知ることができおすすめの本です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

おすすめの本・漫画・アニメ・ドラマや、お得な動画配信サービス・電子書籍サイトのレビューサイトです。調べものが好きなので各作品の豆知識的なことも紹介しています。

-