日本の本

源氏物語の登場人物

「源氏物語」の登場人物を紹介します。

■関連記事

源氏物語の簡単なあらすじ|稀代のモテ男・光源氏の恋と栄華の物語

続きを見る

源氏物語の登場人物|内裏の人々(源氏幼少期)

光源氏

物語の主人公で桐壺帝の第二皇子。学問に加え和歌、舞などの芸事にも優れる上に美男子というオールマイティーで恋多き男。亡き母の生家・二条院に住み宮廷に勤める。

桐壺帝(きりつぼてい)

光源氏の父。

桐壺更衣(きりつぼこうい)

光源氏の母。源氏が幼いときに他界した。(”更衣”は帝の妻の中で一番身分が低い)

藤壺女御(ふじつぼにょうご)

光源氏の理想の女性。桐帝の後妻で光源氏より5才年上。源氏の母・桐壺更衣そっくりで美しい。

弘徽殿女御(こきでんのにょうご)

桐壺の妻で第一皇子(のちの朱雀帝)の母。右大臣の娘。

朱雀帝(すざくてい)

桐壺の第一皇子。光源氏の異母兄であり母親は弘徽殿女御。

 

源氏物語の登場人物|光源氏の愛した女性たち

紫の上(むらさきのうえ)

光源氏の妻で最愛の人。光源氏の継母・藤壺の姪で藤壺にそっくり。光源氏が18才で初めて会った時、紫の上は10才。子には恵まれなかったが、のちに明石の娘君の養母になる。

六条御息所(ろくじょうみやすどころ)

源氏の年若い頃の恋人。7才年上の恋人で前皇太子の未亡人。美しくて教養の高いが、源氏に執心していて、本人の自覚なく嫉妬で物の怪(もののけ)になる。

葵の上(あおいのうえ)

左大臣家の娘で頭中将の妹。光源氏の最初の正室。(※正室:正式な妻)光源氏より4才年上。なお、当時は妻の家に通う”通い婚”だった。

夕顔(ゆうがお)

光源氏の乳母の家の隣に暮らす可憐な女性。のちに頭中将と子を設けた仲であることが判明する。

朧月夜(おぼろつきよ)

右大臣の六女。光源氏と恋仲になり、朱雀帝に嫁いだ後も逢瀬を続けた。光源氏の母をいじめた帝の正室・弘徽殿の女御(こきでんのにょうご)は朧月夜の姉。

明石の君(あかしのきみ)

受領の娘。地位は高くないが、六条御息所に似た雰囲気で品がある。光源氏との身分差に引け目を感じている。

女三の宮

光源氏の2人目の正室。源氏39才、女三の宮13才位の時結婚した。元朱雀帝の三女。

花散里(はなちるさと)

父・桐壺帝に仕えていた麗景殿女御の妹。控えめで穏やかな女性。光源氏とは頻繁にではないが長い付き合いとなる。

空蝉(うつせみ)

左大臣家の家来・紀伊守の若い継母。光源氏と一夜の関係を持ったが、それ以降はつれない態度を取る。

末摘花(すえつむはな)

故・常陸宮の姫。鼻が赤く不美人だが一途な女性。のちに光源氏は生活を支援した。

 

源氏物語の登場人物|友人や家来など

頭中将(とうのちゅうじょう)

左大臣家の子息。光源氏の友人でよきライバルでもある。

惟光

光源氏の乳母の息子で、光源氏の家来。

 

源氏物語の登場人物|子の代

夕霧

光源氏と葵の上との間に生まれた子。生まれてすぐに葵の上が他界したため、祖母(葵の母)の元で育てられる。

冷泉帝(れいぜいてい)

光源氏と藤壺が密通して出来た子で、光源氏そっくり。表向きは桐壺帝の子として育ち、のちに帝になる。母である藤壺がなくなった後に、自分が不義の子であることを知り苦しむ。

明石の姫君

源氏と明石の君との間に生まれた子。将来を考え紫の上の養女となった。

柏木

元頭中将の息子で、いとこの夕霧とは仲よし。女三の宮を偶然垣間見て一目惚れし、懐妊させてしまう。光源氏の嫌味で恐怖のあまり体を壊す。

玉鬘(たまかずら)

頭中将と夕顔との間に生まれた子。夕顔の面影を残し美しい娘に成長し、光源氏が引き取って養育し、嫁に出す。(玉鬘十帖)柏木の異母姉にあたる。

六条御息所の娘(のちの梅壺女御)

六条御息所亡きあと源氏が養子として引き取った。冷泉帝に入内し梅壺女御となる。絵が得意。

 

源氏物語の登場人物|孫の代

光源氏と女三宮の間に生まれた子(実は父親は光源氏ではなく柏木)。宇治十帖編の主役。生まれつきよい芳香を放つことからこの名で呼ばれた。

匂宮(におうのみや)

明石の中宮(源氏の娘)と帝の間に生まれた第三皇子。源氏の外孫にあたる。薫とともに育った幼馴染みで、薫をライバル視している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

-日本の本