ドラマ

プリズンブレイク・シーズン1あらすじ【お得な視聴方法も】

2022年7月24日

プリズンブレイク1のあらすじと感想、「プリズンブレイク」の動画配信の実質無料の視聴方法を紹介します。

「プリズンブレイク」は、2005年~放映されたアメリカのサスペンスドラマです。

(動画の視聴方法は最後に紹介しています。下記目次をクリックすると見たい項目に飛べます)

プリズンブレイクのあらすじ

プリズンブレイク1・1話|マイケル

建築技師の青年・マイケル・スコフィールドは、無実の罪で服役中の兄・リンカーン・バローズを脱獄させるため、わざと銀行強盗を行って捕まり、兄がいるフォックスリバー州立刑務所に入った。

マイケルは仕事でこの刑務所の改修に携わっていて、設計図と脱獄に必要な情報をタトゥーで体に描き込んで来ていた。

マイケルは脱出ルート上にある医務室に出入りするため、糖尿病と偽って女医のサラ・タンクレディの元に通うようになった。また、囚人でマフィアのボス・アブルッチに近づき、敵の行方の情報をエサに、彼が仕切っている刑務作業に加わらせてもらった。

リンカーンは、副大統領の弟で元上司であるステッドマンを銃撃した罪で、一か月後に極刑が迫っていた。

+1話感想

前代未聞の脱獄計画が凄すぎて、毎回ハラハラしてとても面白く、一気見してしまいました。

プリズンブレイクの楽しさの1つは俳優陣のかっこよさです。主役のマイケルも美形で頭脳明晰でかっこいいですが、私はどちらかというとリンカーン派です。(男っぽい感じが素敵です) なおシーズン1の放送からもう15年以上経っているので、役者さんたちも皆50才位になっているみたいです。

マイケルはスキンヘッドがとても似合ってます。坊主といえば、プリズンブレイクの囚人たちの髪型は様々ですが、アメリカでは囚人の髪型は自由なのでしょうか?

プリズンブレイク1・2話|アレン

リンカーンは、面会に来た元彼女で弁護士のベロニカに、事件の経緯を話した。(借金を消す代わりに人を銃撃することを強要されたが、現場に行ったら既に相手は息絶えていた)

ベロニカは、冤罪をはらすため、証拠集めを始めた。

マイケルは、脱獄計画に必要なボルトをめぐって、凶悪犯の囚人・ティーバッグといざこざを起こし、目をつけられてしまう。

さらに、医務室に行った帰りにアブルッチの一身に捕まり、敵・フィバナッチの居場所を吐くよう脅され、足の小指を痛めつけられてしまう。

+2話感想

凶悪犯の囚人・ティーバックは、役者さんの演技が上手いせいで、本当に不気味な犯罪者に見えて、刑務所らしさが増していると思いました。今後話がさらに進むにつれて狂気が増すのでそれもめちゃ怖いです。

一般人の方が、ティーバック役の役者さんとエレベーターで一緒になった時、瞬間的に怯えられたというエピソードに納得です。

プリズンブレイク1・3話|セルテスト

マイケルは、アブルッチを脱獄仲間に加え、脱獄後の飛行機の手配と引き換えに、敵の居場所を教える約束を交わした。

塀の外ではベロニカが、事件の関係者の恋人・ルティシアから、リンカーンが犯人でないこと、政府の人間が絡んでいるらしいと証言を得ていた。しかし、直後に彼女は政府のシークレットサービスに始末されてしまった。

リンカーンの別れた妻との16才の息子・LJエルジェー:リンカーンjr)が、薬物からの更生治療の一環でリンカーンに面会に来た。刑期の迫るリンカーンは、LJへの愛情を伝えた。

マイケルは、同房者のスクレを脱獄の仲間に加えようとして口の堅さを試すテストを行ったが、そのせいで彼女と面会禁止になってしまったスクレは、怒って房を出て行き、精神病のヘイワイヤーが同房となった。

+3話感想

陽気で彼女に一途なスクレは笑顔がかわいいです。役者さん本人もスクレ同様プエルトリコ出身だそうです。いとこが沢山いる設定も面白い。彼女のマリークルース役の方もかわいいです。

プリズンブレイク1・4話|腐食

精神病のヘイワイヤーは夜まったく眠らず、マイケルは壁の穴掘りを進められず困っていた。

ベロニカは、リンカーンの再審請求について、専門の弁護士事務所・ジャスティスのニックに、私的に協力を得ることを取り付けた。ニックは、刑執行までの期間が3年と通常(10年)に比べ短すぎることなどおかしな点を指摘した。

婚約者のマリークルースと別れる危機に直面していたスクレは考えを変え、脱獄に協力するとマイケルに申し出た。

ヘイワイヤーはマイケルの入れ墨に執着していて、柄が地図だと気づいてしまった。マイケルはヘイワイヤーに殴られたと嘘をつき、何とかヘイワイヤーを房から追い出した。

マイケルは、アブルッチの協力で得た薬剤を調合し、医務室の排水溝下のダクトを腐食させる作業を密かに進めた。また、房内の洗面所を壁から外し、同房に戻ったスクレが大声で歌って騒ぎを起こしている間に、洗面所の後ろの壁をぶち抜いた。

+4話感想

舞台となったフォックスリバー刑務所は実際の刑務所(多分、古くなって使わなくなった刑務所)を使用したそうです。(ウィスコンシン州のフォックス川近くの建物なのでこの名称です)

プリズンブレイク1・5話|イングリッシュ、フィッツ、パーシー

シークレットサービスの一身が、マイケルをリンカーンから引き離すため他の刑務所に移すよう刑務所所長に働きかけていた。

移送のことを知ったマイケルは、ベテラン囚人・ウエストモアランドに助言を仰ぎ、移送差し止め申請書を提出して時間稼ぎをしようとした。

マイケルは、房の洗面所の裏の壁に作った穴から建物裏の通路に出て、脱獄経路の確認作業を始め、アブルッチの協力で得た偽造の鍵を使って移動し、脱獄が発覚してから外の通りにパトカーが到着するまでの時間を測った。

(所長室で所長に頼まれている模型作りを居残りで行っている風を装い、点呼の時間に房にいない状態にして脱獄騒ぎを起こした)

シークレットサービスの一身は、刑務所所長を彼の隠し子のことで脅し、マイケルの移送を強要したが、所長は脅しに屈さずマイケルをフォックスリバー刑務所に留めた。

プリズンブレイク1・6話|悪魔の孔PART1

シークレットサービスの一身が手を回し、刑務所内の囚人にリンカーンの始末を命令していた。

刑務官の点呼が多すぎて作業が進まず、脱獄準備に遅れが出ていた。スクレに「空調が壊れれば騒ぎになって囚人が全員房内監禁になり、点呼が無くなる」と助言され、マイケルは裏通路に行き、配線を切って空調を故障させた。

しばらくするとスクレの言ったとおり房内監禁になり、マイケルはスクレを連れて裏通路を歩き、脱獄経路の途中に立ちはだかる壁を壊す作業を行った。

そのころ、房内ではヒートアップした囚人たちが扉を破壊し、暴動に発展していた。所員がグラウンドに避難し警察に応援を頼む状態になっていて、女医のサラは囚人に襲われそうで、リンカーンも顔見知りの囚人に殴られていた。

そんな中、凶悪犯の囚人・ティーバッグは、看守のボブを殴って暴れているうちに、マイケルの房の壁の穴を見つけてしまった。

房に戻って来たマイケルは、サラの危機を知り、いても立ってもいられず医務室に向かった。

+6話感想

事件の証拠を集めるために必死に動いてくれているリンカーンの元彼女・ベロニカも黒髪美人です。このドラマの女性陣は黒髪が多い気がしました。サラもダークカラーで、頭の良いお医者さんって感じが合っています。(おでこもかわいい)

海外もののドラマはほとんど見ないのですが、欧米=金髪のイメージだったので、そうでもないんだなと思いました(日本と違って外見が多様)

プリズンブレイク1・7話|悪魔の孔PART2

マイケルは裏通路から医務室の天井裏に辿り着き、天井の排気口からサラを引き上げ助けた。そして2人で天井裏をつたって逃げ、建物の出口からサラを外に逃した。

スクレは、アブルッチとともにマイケルの指示どおり壁をぶち抜く作業を行い、穴を貫通させることに成功していた。

その後暴動は鎮圧されたが、逃亡用の穴を知ってしまった看守のボブは、マイケルが強く制止したにも関わらず、ティーバッグが始末してしまった。

その頃ベロニカは、偽の証言電話の発信元を特定するためワシントンに向かっていた。ニックによると、被害者のステッドマンは、代替エネルギー事業で新しい電気エンジンを発表していたので、事件は、それに反対する石油会社や政府の陰謀かもしれないとのことだった。

+7話感想

私は今回字幕で視聴しました。字幕の方が役者さんの雰囲気が分かって好きです。吹き替えは内容を理解しやすくて、顔を覚えるのが苦手な私には向いているのですが、マイケルがサラに愛をささやくシーンなどは、やはり本物の声の方がドキドキ感がありました。

なお男も好きなティーバッグは、マイケルを「cute michael」と言ってますが、吹き替えでは「かわいこちゃん」と訳されてました。

プリズンブレイク1・8話|ルート66

脱獄計画を知ったティーバックも仲間に加わることになってしまった。

昔倉庫だった場所の床に、脱獄ルートを通すため穴を掘らなければならなかったが、そこは看守の休憩室になっていた。

アブルッチから「火事になれば、アスベストの除去作業が必要になり、刑務作業で倉庫に長時間いられる」と聞き、マイケルは倉庫に出入りできるベテラン囚人・ウエストモアランドを計画に引き入れようとしたが断られてしまった。

ベロニカはワシントンから帰宅した際に爆発に遭い、一方LJは母を銃撃され犯人に仕立て上げられていた。(いずれも政府のシークレットサービスの仕業)

ウエストモアランドは、看守のボブをあやめた犯人を答えなかったことで、刑務官のベリックにペットの猫を始末され、その怒りで、マイケルに頼まれていた旧倉庫への放火を、ベリックのたばこの不始末を装って実行した。

目論見どおり火事が起こって焼け跡の片付けが必要となり、旧倉庫に入ったマイケルたちは早速1mほど下の昔の排水路を目指し穴を掘り始めた。

その頃、シークレットサービスの男たちは、事件の首謀者の女性=レイノルズ副大統領に、事の進捗を報告していた。

プリズンブレイク1・9話|トゥイーナー

黒人の調達屋の囚人・シーノートは、マイケルが何か企んでいることに気づきあばこうとしていた。

ベロニカ達は、リンカーンの事件の被害者の妻に接触し「夫は起訴される噂があって株価に絡んでいたから、他の人が容疑者でもおかしくない」との意見を得た。

サラは、気になるマイケルを知るため、保険請求を調べ行きつけのセラピーのクリニックを訪問した。クリニックの医師は「マイケルは情報を沢山受け入れやすい天才的な脳の持ち主で、人の痛みにとても敏感で救済者となった」と語った。

新入りの若い囚人・トゥイーナーティーバッグの獲物にされていて、マイケルは心を痛めていた。

シークレットサービスの一身に追われるLJに、リンカーンが刑務官から秘密で借りた電話で助言し、LJはニックに連絡を取り、隠れ家に潜んでいるベロニカ達の所へ向かった(シークレットサービスの追手は騙して巻いた)

アブルッチは、敵の居場所の情報を掴めていないことから、マフィアの仲間に裏切られ金の振込が途絶え、刑務作業を仕切る権利を失ってしまった。

プリズンブレイク1・10話|策士

窮地に陥ったアブルッチは、フィバナッチの居場所を吐くようマイケルに迫った。

フィバナッチという人物はもともと、アブルッチ達をマフィアと知らず彼らに雇われていたが、アブルッチたちの銃撃を目撃し正義感から事件を告発し、潜伏生活を送っていた。マイケルは善人をしなすわけにいかず悩んだ。

旧倉庫では別の部隊が作業をはじめていて、脱獄用の穴がバレるのは時間の問題だった。

ベロニカはステッドマンの会社の資金の流れを調べ、政府の助成金5億に対し利益も実績もないことが分かり、会社が幽霊会社だった可能性を掴んでいた。

マイケルは考えた末、アブルッチの仲間・ファルゾーニと面会して事前に把握していたフィバナッチの居場所を教え、アブルッチは刑務作業を含めた特権を取り戻した。

その後ファルゾーニ達は、教えられた住所に到着したが、マイケルが差し向けておいた警察に捕らえられた。裏切られ怒っていたアブルッチとともに芝居を打ち、陥れたのだった。

マイケルたちは旧倉庫で再び床に穴を掘り進め、脱獄の決行を金曜日に決めた。しかし穴の存在に気づいた調達屋のシーノートも逃亡メンバーに加わることになってしまった。

プリズンブレイク1・11話|7人の壁

マイケルサラへの思いに心揺れながらも、脱獄の準備を着々と進めていた。

ベロニカは、事件の被害者・ステッドマンが、副大統領である姉に、助成金を寄付として還元する不正を働いていたことを掴んだ。

マイケルは夫婦面会でニカという女性に偽造のカードキーを持って来てもらった。(刑務所内の倉庫の、入所した時の手荷物から腕時計を取り出すためだった)

ベテラン囚人のウェストモアランドは、娘が末期ガンであると報せを受たことから、マイケルに脱走メンバーに加わりたいと申し出て、自分が伝説のハイジャック犯・DBクーパーで隠し金があることを明かした。

サラは刑務作業でグラウンドにいたマイケルに、妻がいることを聞き、今後個人的な会話はやめると言って去って行った。

マイケルは、入手した腕時計を改造した録音機をグラウンドに埋め、夜監視が脱走ルート付近を見回りに来るのが18分おきだと把握した。

旧倉庫の穴はとうとう昔の排水管まで開通したが、人数が7人まで増え、時間的に1人抜けないとならない状況になっていた。

プリズンブレイク1・12話|邪魔者

脱獄人数がオーバーしていることが知れて、メンバー達は仲間割れしかけていた。

ベロニカたちは、副大統領が寄こした追手に撃たれたニックを病院に連れて行った。

スクレは面会に来た婚約者から、妊娠したこと、支えが必要だからスクレのいとこと結婚すると告げられた。刑務官のベリックは、若い囚人・トゥイーナーを手なずけてマイケル達の動きを探ろうとした。

マイケルは脱獄ルートの数メートルの高低差がある箇所を通れるようにするため、日中のうちにグラウンドの水栓を開けて水を満たし、ルート確保に成功した。

アブルッチは、脱獄人数を減らすためティーバッグを始末しようとしたが、逆に刃でやられて大怪我を負って病院送りになった。

作業中の見張り番をしていたリンカーンは、見回りに来た刑務官を時間稼ぎのため殴ってしまい、懲罰房に入れらてしまった。

プリズンブレイク1・13話|決行!

リンカーンが懲罰房に入れられ、マイケルは計画を延期しようとしたが、ティーバッグ達が自分たちだけで行くと言い出したため、その日の決行を決めた。

マイケルは、皮膚の下に仕込んでおいた小さな薬を、スクレに借りたロザリオに仕込んで牧師を介してリンカーンに渡した。また、旧倉庫の水道管を壊し、夜まで居残って作業が必要な状況にした。

夜8時、リンカーンはマイケルの指図どおり薬を飲み、まもなく苦しみ始め、医務室に運ばれた。

その頃、ベロニカは、接触してきたシークレットサービスの男と会い、ステッドマンが生きているとの情報を得ていた。しかし、事件に関わった人物が書かれている紙を受け取ろうとした時、相棒の男が現れ、密告した男は撃たれてしまった。

9時、脱獄決行の時間、マイケル達は旧倉庫の穴を下って脱獄ルートを進んだが、上の階の医務室へ行くための排気口の、腐食させておいたはずのダクトが新品に交換されていた。

マイケルはダクトを破壊しようとしたが、頑丈でびくともしなかった。

プリズンブレイク1・14話|密告者

脱獄ルートが塞がれていたため、マイケルたちは脱獄を諦めざるを得ず、来た道を戻った。

翌日、リンカーンの処刑の日を迎えた。マイケルはサラに、サラの父親であるタンクレディ知事に、無実の兄の刑を止めるよう話して欲しいと頼んだ。

マイケルはウエストモアランドから、以前電気椅子が故障して刑が遅れたという話を聞き、建物の裏ルートを通って、処刑場の電気系統を故障させ刑を延期させようとした。

しかしトゥイーナーが2人の話を盗み聞きしていて、刑務官のベリックに密告したため、故障は直されてしまった。

サラは、ベロニカの元を訪れ事件のことを詳しく聞いた上で、父親の説得を試みたが、父親は考えを変えなかった。

刑執行の時間が近づき、マイケルとベロニカはリンカーンの所に行った。リンカーンは理不尽な処刑に苦しんでいた。

プリズンブレイク1・15話|計画変更

処刑の時を迎えたその時、判事から、新たな証拠が出たため処刑を延期するよう電話が入り、刑の執行がストップされた。

事件の黒幕である副大統領は、刑が執行されなかったことに怒り心頭だった。

新たな証拠は、被害者の手術歴と検死時の状況が異なるというものだった。マイケルは、状況が良くならない場合も想定し、新たなルート(精神科棟と一部地上を通るルート)での脱出の計画をはじめた。

スクレが、洗濯場に居るいとこの囚人から刑務官の制服を借りてくれ、マイケルはそれを持って新たなルートの確認に行った。精神科棟の作りの確認は出来たが、帰りに刑務官と鉢合わせ、隠れている間にボイラー室でやけどを負ってしまった。

判事に新たな証拠をタレコミしたのは失踪したマイケルたちの父親で、副大統領の手下の一身も、監視カメラに映っていたその顔に見覚えがあった。(父親はかつて組織の下で働いていたのだった)

マイケルは、やけどで入れ墨が消え、設計図の一部を失ってしまったことに気づき愕然とした。

プリズンブレイク1・16話|フォックスリバーへの道

~3年前の回想~

リンカーンは会社をクビになって間もない時、借金の9万ドルを帳消しにする代わりに、銃撃することを強要されていた。

その頃、スクレは彼女へのプロポーズの指輪のために近くの店で強盗をし、サラは薬物依存の自助グループで知り合ったベリックから刑務所での仕事を紹介されていた。

シーノートは、軍の捕虜への扱いの不正を指摘したことで解雇され、事情が分からないまま運び屋の仕事をしていた。指名手配中のティーバックは、素性を隠して彼女の家に通っていた。

マイケルはうだつの上がらない兄に愛想をつかしていたが、事件の後、大学の学費にした母の保険金が、兄が借金で用意した金だったことを知った。

マイケルは、無実だという兄の刑を覆そうとしたが出来ず、兄が収監される刑務所が設計の仕事で関わっている建物だと知ると、図面を家に持ち帰って脱獄計画を立て始めた。

プリズンブレイク1・17話|J-CAT

証拠不十分により、リンカーンの刑が次週行われることが再び決まった。

業者が旧倉庫にカーペットを敷きに来ることになり、床に堀った穴を一時的に塞がなければならなかったが、時間が足りなかった。

マイケルは所長にやけどの原因を答えなかったため、懲罰房に入れられた。

脱獄の仲間達は、マイケルがいない中智恵を絞り、夜スクレが房の壁の穴から旧倉庫に行って床の穴をふさぎ、帰る際には穴を通れないのであえてグラウンドに出て警備員に見つかり、彼女と塀越しに密会して下着を貰っていたと言い訳して、懲罰房入りだけで許された。

懲罰房のマイケルは、閉じ込められて狂ったふりをして精神病棟に送られた。

その頃LJは、銃撃犯が残したダイイングメッセージから、シークレットサービスの男の家をつきとめ、男と鉢合わせて銃を使用して警察に捕まってしまった。

+17話感想

話を見進めるにつれ、予想外に人がバタバタと倒れていくことに恐れおののきます。やはり銃社会だとあの世が身近なのでしょうか‥

プリズンブレイク1・18話|ブラフ

マイケルは精神病棟のヘイワイヤーに、やけどで失ったタトゥーの図柄を思い出すよう頼んだ。しかしヘイワイヤーは、精神病の薬のせいで記憶力が低下していてマイケル自体を忘れていた。マイケルは薬を飲まないよう助言した。

マイケルたちの空き室になった房を、刑務官のギアリーが他の囚人に売ろうとしていた。

脱獄仲間たちは房が売られるのを阻止するため、ティーバッグが賭けカードゲームで金を手に入れ、房を買おうとした。しかしギアリーは金だけ受け取り「値が上がった」「他の奴がもう買った」といって相手にしなかった。

万事休すの中、懲罰房にいたリンカーンスクレらのアイデアで、ギアリーが囚人から金を巻き上げていてマイケルに火傷を負わせた犯人だ、と所長に告発した。

ギアリーを上手く解雇に追い込み、ヘイワイヤーもタトゥーの絵柄を思い出して紙に正確に書き出し、マイケルは無事元の房に戻ってきた。

しかしその頃、LJと面会するするため移送されていたリンカーンが、自動車事故に遭ってしまった。

+18話感想

精神病の囚人・ヘイワイヤーは一見不気味ですが、シーズン2以降も見続けていると、その行動がちょっとかわいい感じです。(成育歴もかわいそう)

タトゥーを思い出して描き出した時の画力がすごくて、その後も絵に興味を示す場面がありました。ちなみに役者さんは身長が191cmもあるようです。

プリズンブレイク1・19話|鍵

リンカーンを事故に遭わせたのはシークレットサービスのケラーマンだった。そこに年配の男性が車で通りかかり、リンカーンを助けて連れ去った。

マイケルと仲間たちが再び揃い、怪我から回復したアブルッチも戻って来た。

今度のルートには診療室の鍵が必要で、マイケルは医務室でサラに愛をささやいて油断させて鍵を取ろうとしたが、サラに気持ちがあり出来なかった。

事故にあったリンカーンを助けたのは、子供の頃失踪した父親だった。父親は「自分は世界規模の秘密組織の一員だった。組織を抜ける時情報を持ち出した」「エコフィールド社の情報を漏らしたため、お前を犯罪者にして自分をおびき出そうとしていたのだ」と説明した。

リンカーンは用意した車で逃げるよう父親に促されたが、刑務官たちに発見され刑務所に送り戻された。

医務室の鍵は結局、協力者のニカにサラに会い盗んでもらったが、鍵の紛失に気づいたサラは業者に依頼しドアノブを新しいものに交換してしまった。

トゥイーナーからマイケルたちの企みを聞いたベリックは、旧倉庫の床をの穴を見つけてしまう。

プリズンブレイク1・20話|トゥナイト

ウエストモアランドは旧倉庫でベリックと鉢合わせ、ベリックを殴って失神させ穴に閉じ込めた。穴がばれたことを聞かされたマイケルは、今夜脱獄を決行することを決めた。

マイケルはサラに、兄を逃すために今夜脱獄するから、鍵をかけ忘れて帰って欲しいと懇願した。サラは言葉を失った。

その日、所長の念願の模型が完成し、所長は手助けの礼にとマイケルがリンカーンに会うことを許可した。

脱獄仲間たちはそれぞれ、漂白剤で囚人服を漂白して、脱獄に必要な白い服を用意した。

夕方を過ぎ、完成したはずの模型がぐらついたとのことで所長室に呼び戻されたマイケルは、「脱獄するから兄を房から出せ」と所長を脅した。(模型はわざとぐらつくようマイケルが支柱を外していた)

+20話感想

刑務官のベリックが、どうしても自民党の石破さんのソックリさんに見えて笑ってしまいます。ネットでも同じ意見の人がいて、やはり皆そう思うんだな、と思いました‥。

ベリックはお母さんと2人暮らしで、シーズン2以降ではお母さんにお願いごとをしたりマザコンっぽく描かれています。そういう描き方でコミカルさを表現するのは、アメリカも同じなんだな、と思いました。

 

プリズンブレイク1・21話|壁の向こうへ・・・

マイケルは所長を脅してリンカーンを診療室に移すよう刑務官に指示させ、所長を失神させクローゼットに閉じ込めた

房に戻ったマイケルは、休憩時間の始まる19時になると、房の壁の穴から仲間たちとともに脱獄ルートに入り、道を進んだ。

途中、火災報知器を作動させて精神科棟の白い服の囚人達を野外に出し、自分達もマンホールから地上に出て、室内に戻る囚人達ちに紛れて建物内に入った。

一行は精神科棟を通って診療室に辿り着いた。診療室の鍵は開いていて、リンカーンとも無事合流した。そして窓の鉄格子をエレベーターにかけたロープの力で破壊し、窓の外のロープをつたって塀に向かった。

ここで、ベリックとの乱闘時に腹に傷を負ったウエストモアランドは動けなくなり、「ユタ州のダブルK農場の下に500万ドルの金を埋めてある」と言い残して気を失った。

所長室では、所長が監禁されていることに秘書が気づき、管内に警報が鳴り響いた。

プリズンブレイク1・22話|脱出!

脱獄を果たしたマイケルたちは必死に逃げ、別行動になったトゥイーナー、ヘイワイヤー以外のメンバーは、アブルッチが手下に用意させていた車に乗って移動した。

ベロニカは、様々な証拠を調べた結果、事件に関係するモンタナの邸を突き止めていた。

テレビでは、大統領が急逝し、レイノルズ副大統領が大統領に就任することが発表されていた。サラは脱獄に協力した罪悪感から、薬で昏睡状態になっていた。

マイケルたちは、検問を避けるために迂回するなどして、アルブッチが手配していた飛行機の発着場に辿り着くのが遅れ、警備員から怪しまれたアブルッチの一身は飛行機で去ってしまった。周囲にはパトカーの音が迫っていた。

プリズンブレイク1 終わり(プリズンブレイク2に続く)

 

プリズンブレイクの見どころ

・壮大な脱獄計画と、スリリング&サスペンス性

・主人公が頭脳明晰でとにかくかっこいい。恋愛要素もあり

・個性的で魅力的な登場人物、兄弟愛、親子愛

※シーズン1~5までがあります。

 

プリズンブレイクの配信状況

現在「プリズンブレイク」を配信している動画配信サイトは下記の通りで、月額料金のみで全話視聴できるのはディズニープラスのみです。

サービス月額料金(税込み)1話ごとの料金トライアル
(月額料金が無料)
ディズニープラス

990円0円(見放題)なし
アマゾンプライムビデオ

500円150~200円30日間
d-TV

550円165円31日間

※Netflix、Unextの配信は2022年現在は終了しています

 

私はディズニープラスを利用してプリズンブレイクを視聴する際、「ハピタス」というポイントサイトを経由して利用開始しました。

ハピタス経由でディズニープラスを初めて契約すると、2000円分のポイント還元が付与されるので(2022年9月現在)、ディズニープラスの月額料金を差し引いて実質プラスになります。

ディズニー+の利用料金とハピタスの付与ポイント

ディズニープラス料金(1か月分)990円
ハピタスポイント付与2000pt(1ポイント1円に換金可能)
トータル1010円キャッシュバック

 

ポイントサイト「ハピタス」は、サイトに掲載されている様々なサービスを利用することでポイントが付与されるという仕組みで、簡単な登録ですぐに使えます。

付与されたポイントは現金化またはさまざまなポイント(amazonポイントやdポイントなど)に換金可能です。

 

※付与ポイントは2022年9月時点の情報です。利用の際にはサイトの表記をご確認下さい。下記からハピタスのWebサイトを見れます

ハピタスのWebサイトを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

おすすめの本・漫画・アニメ・ドラマや、お得な動画配信サービス・電子書籍サイトのレビューサイトです。調べものが好きなので各作品の豆知識的なことも紹介しています。

-ドラマ