海外

プリズンブレイク・シーズン1あらすじ【お得な視聴方法も】

2022年7月24日

「プリズンブレイク」は、2005年~放映されたアメリカのサスペンスドラマで、TWENTY FOURなどと並ぶ大ヒットドラマです。

以下に、プリズンブレイク1のあらすじと、ドラマの魅力、お得な(実質無料の)視聴方法を紹介します。

プリズンブレイクのあらすじ

プリズンブレイク1・1話|マイケル

有能な建築技師・マイケル・スコフィールドは、無実の罪を着せられ極刑を待つ兄・リンカーンを脱獄させるために、わざと銀行強盗を行って逮捕され、兄がいるフォックスリバー州立刑務所に入った。

マイケルは以前仕事でフォックスリバー刑務所の改修設計に携わっていて、刑務所の設計図と脱獄に必要な情報をタトゥーで体に描き込んでいた。

刑務所に入所したマイケルは、脱出ルート上にある医務室に出入りするため、糖尿病と偽って同年代の女医・サラと顔なじみになった。更に、囚人でマフィアのボス・アブルッチに接近し、敵の行方の情報をエサに、彼が仕切っている刑務作業に加わらせてもらった。

また、刑務所長に頼まれ、彼の妻へのプレゼントのタージマハルの模型作りを所長室で手伝うことになった。

兄・リンカーンは、副大統領の弟で元上司であるステッドマンを銃撃した罪で、極刑が一か月後に迫っていた。刑の執行に反対する司教がいたが、政府のシークレットサービスの一身に脅され、あやめられてしまった。

マイケルは、刑務作業の際に兄・リンカーンと接触し、脱獄を計画していることを伝えた。

プリズンブレイク1・2話|アレン

リンカーンは、面会に来た元ガールフレンドで弁護士のベロニカに、冤罪に追いやられた経緯を話した。(借金を消すために人を銃さつすることを持ちかけられたが、いざ現場に行ったら既に相手は息絶えていた)ベロニカは、冤罪をはらすための証拠集めを始めた。

マイケルは、刑務所のグラウンドのベンチに仕込んでいた脱獄計画に必要なボルトを、凶悪犯の囚人・ティーバッグに奪われてしまう。

その後、黒人対白人の乱闘が起き、それに紛れティーバッグの手下からボルトを取り返したが、その手下は乱闘で命を失ってしまい、ティーバッグの恨みを買ってしまう。

マイケルは、医務室に行った帰りにアブルッチの一身に捕まり、アブルッチの敵・フィバナッチの居場所を吐くよう脅され、足の小指を痛めつけられてしまう。

プリズンブレイク1・3話|セルテスト

マイケルの同房者のプエルトリコ人・スクレは、婚約者・マリークルースがいとこに取られそうな状況の中、出所が先で焦っていた。

マイケルはアブルッチと、脱獄後の飛行機の手配と引き換えに、敵の居場所を教える約束を交わした。

塀の外では、ベロニカが、事件の関係者の恋人・ルティシアから、リンカーンが犯人でないこと、「政府の人間が取引に来てリンカーンの借金を払った」と証言を取ることに成功した。しかし、直後に彼女は何者か消されてしまった。(政府のシークレットサービスの仕業だった)

リンカーンの別れた妻との息子・LJ(リンカーンjr)が、マリファナ所持の更生の治療の一環として刑務所にいるリンカーンに面会に現れた。刑期の迫るリンカーンは、LJへの愛情を伝えた。

マイケルは、口が堅いかテストを行った上でスクレを脱獄の仲間に加えようとしたが、テストのせいで面会禁止になってしまったスクレは、怒って房を出て行ってしまい、代わりに神経症で全く眠らない囚人・ヘイワイヤーが同房者になってしまった。

プリズンブレイク1・4話|腐食

独房に居るリンカーンは、迫る極刑に怯え、悪夢にうなされた。一方マイケルは、同房者となったヘイワイヤーが夜まったく眠らず、穴掘りを進められず困っていた。

ベロニカは、リンカーンの再審請求を依頼するため専門の弁護士事務所・ジャスティスの弁護士・ニックから、事務所を通さずに協力を得ることを取り付けた。ニックは、刑の執行までの期間が3年と通常(10年)に比べ早すぎること、代替エネルギー事業を進めるステッドマン(事件の被害者)が、政府にとって邪魔だったのかもしれないことを指摘した。

婚約者と別れる危機に直面していたスクレは、マイケルに脱獄に協力することを申し出た。

精神病のヘイワイヤーはマイケルのタトゥーに執着していて、柄が地図であることに気づてしまった。マイケルは自ら頭突きをしてヘイワイヤーに殴られたと嘘を付き、どうにか追い出しに成功した。

マイケルは、アブルッチの協力で得た薬剤を調合し、医務室の排水溝の下のダクトを腐食させる作戦を密かに進めた。また、先日得たボルトで房内の洗面所を壁から外し、同房に戻って来たスクレが大声で歌って苦情の騒ぎを起こしている間に、洗面所の後ろの壁をぶち抜いた。

プリズンブレイク1・5話|イングリッシュ、フィッツ、パーシー

政府のシークレットサービスの一身は、マイケルの存在に気づきリンカーンから引き離すため他の刑務所に移送するよう刑務所所長に働きかけていた。

移送のことを知ったマイケルは、ベテラン囚人・ウエストモアランドに助言を仰ぎ、移送差し止め申請書を提出して時間稼ぎをしようとした。

ベロニカは、証拠映像の銃声が偽であることを突き止めたが、証言に必要なマスターテープは水道管の事故でダメになっていた上、自宅に置いておいたコピーテープは盗まれてしまった。

マイケルは、洗面所の裏に作った穴から建物裏の通路に出て、逃走経路の確保作業を始めた。アブルッチの協力で入手した偽造の鍵を利用して移動し、脱獄発覚から表の通りにパトカーが到着するまでの時間を計測した。

(所長に協力を頼まれている模型作りを、所長室で居残りで手伝っている風を装いながら、点呼の時間に房にいない状態にして脱獄騒ぎを起こした)

シークレットサービスは、刑務所所長を彼の隠し子のことで脅してマイケルの移送を強要したが、正義感の強い所長は脅しに屈さず、マイケルをフォックスリバー刑務所に留めた。

プリズンブレイク1・6話|悪魔の孔PART1

シークレットサービスの一身が手を回し、刑務所内の囚人にリンカーンの始末を命令していた。

ベロニカは、事件当夜のリンカーンを目撃した匿名の電話の発信地がワシントンで、通報者は物理的にリンカーンを見れない(=偽の証言)ということを把握した。

脱獄準備に遅れが出ていて、マイケルは「点呼が多すぎて作業が進まず、明日までに壁がぶちやぶれないと逃亡が出来ない」とスクレに相談した。するとスクレは「空調が壊れれば騒ぎになって囚人が全員房内監禁になり、点呼がなくなる」と助言した。

マイケルは裏通路に行き、配線を切って空調を故障させた。しばらくすると、スクレの言ったとおり房内監禁になったが、囚人たちがヒートアップし、牢屋の扉が壊され檻の外に出て暴動に発展してしまった。

マイケルはスクレを連れて、裏通路で脱獄経路に立ちはだかる壁をぶち抜く作業を行ったが、暴動は拡大の一途をたどっていて、囚人が医務室に乗り込み、女医のサラが襲われそうになっていて、リンカーンも、面会の帰りの道で顔見知りの囚人に襲われ、ころされそうになっていた。

暴動は収まらず、グラウンドに避難した所長が、警察に応援を頼んで対応する状態になっていた。

そんな中、凶悪犯の囚人・ティーバッグは、看守を殴って暴れているうちに、マイケルの房の壁の穴を見つけてしまう。

房に戻って来たマイケルは、サラが襲われそうになっていることを知り、いても立ってもいられず、裏通路から医務室に向かった。

プリズンブレイク1・7話|悪魔の孔PART2

マイケルは裏通路から屋外の屋根を経由して医務室の天井裏に辿り着き、天井の排気口からサラを引き上げ助けた。

マイケルはサラとともに天井裏をつたって逃げ、建物の出口に辿り着き、サラを外に逃した。

スクレは、アブルッチとともにマイケルに言われたとおり壁をぶち抜く作業を行い、壁に穴を開けることに成功していた。

ベロニカは偽の証言電話の発信元を特定するためワシントンに向かっていた。ニックによると、ステッドマンは事件直前に新しい電気エンジンを発表していたので、事件は、それに反対する立場である石油会社や政府の陰謀かもしれないとのことだった。

プリズンブレイク1・8話|ルート66

脱獄ルートとして地面に穴を掘る必要がある旧倉庫が、刑務官の休憩室として使われていた。

アブルッチから「火事を起こせば、アスベストの除去作業が必要になって倉庫に長時間いられる」と助言を受けたマイケルは、旧倉庫に出入りを許されているウエストモアランドを逃亡に引き入れようとしたが、断られてしまった。

ベロニカは、ワシントンから帰宅して部屋で爆発に遭遇した。間一髪で無事で、一緒にいたニックが「敵は警察より大きい」「死んだと思われているから隠れて策を練ろう」と言った。

更に、リンカーンの元妻とパートナーが銃撃され、息子のLJに罪が着せられた。(爆発も銃撃も、政府のシークレットサービスの一身の仕業だった)

サラは、マイケルを強盗犯と思えず、マイケルのことが気になっていた。

一方、刑務官のベリックは、先日の暴動でボブをころした犯人を捜していたが、ウエストモアランドが沈黙を貫いたので、腹いせにペットの猫を始末した。

ショックを受けたウエストモアランドは、マイケルに頼まれていた、旧倉庫で火事を起こすことについて、ベリックのたばこの不始末を装い実行した。

目論見どおり火事となり、マイケルたちは焼け跡を片付けることになり、早速1mほど下の昔の排水路につながるよう、穴を掘り始めた。

その頃、シークレットサービスの男たちは、事件の首謀者=女性副大統領に、ことの顛末を報告していた。

プリズンブレイクの見どころ

・壮大な脱獄計画と、スリリング&サスペンス性

・主人公が頭脳明晰でとにかくかっこいい。恋愛要素もあり

・個性的で魅力的な登場人物、兄弟愛、親子愛

※シーズン1~5までがあり、上記あらすじはシーズン1のさわりです。

感想

最近はじめて視聴したのですが、前代未聞の脱獄計画がすごすぎて、毎回ハラハラしてとても面白く、一気見してしまいました。

アクション要素と頭脳戦に加え、恋愛ストーリーやヒューマンドラマもありといった感じで、幅広い層が楽しめるドラマだと思いました。

・舞台となったフォックスリバー刑務所は、実際の刑務所(多分、古くなって使わなくなった刑務所)を使用したそうです。(ウィスコンシン州のフォックス川近くの建物なのでこの名称です)

・刑務官のベリックが、自民党の石破さんのソックリさんに見えてしまい何だか面白かったです。

・受刑者のヘイワイヤーは、精神病で一見不気味なのですが、後半ちょっとかわいい感じでした。(成育歴もかわいそう)

 

プリズンブレイクの配信状況

現在、プリズンブレイクはいくつかの動画配信サイトで配信されていますが、月額料金だけで全話視聴できるのはディズニープラスのみです。

 プリズンブレイクの配信状況

月額料金(税込み)1話ごとの料金トライアル期間
(月額料金が無料)
ディズニープラス990円0円(見放題)なし
アマゾンプライム500円150-200円30日間
dTV550円165円31日間

※Netflix、Unextの配信は以前はありましたが2022年現在は終了しています

 

私はディズニープラスを利用する際、「ハピタス」というポイントサイトを経由して初回登録をしました。そうすることで、ハピタスで2500円分のポイント還元が付与されたので、ディズニープラスの月額料金990円を引いても実質プラスになりました。

ディズニー+の利用料金とハピタスの付与ポイント

ディズニープラス料金(1か月分)990円
ハピタスポイント付与2500pt(1ポイント1円に換金可能)
差し引き1510円分お得 !!

 

ポイントサイト「ハピタス」は、サイトに掲載されている様々なサービスを利用することでポイントが付与されるという仕組みで、簡単な登録ですぐに使えます。

(2022年7月時点ではディズニープラス利用での付与ポイントは2500ptですが、時期により変動があるようです。利用の際にはサイトの表記をご確認下さい。下記ボタンからハピタスのWebサイトを見れます)

ハピタスのWebサイトを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

-海外