日本の本・漫画

「イグアナの娘」母娘の葛藤を描いた名作漫画【萩尾望都作】

萩尾望都作の漫画・イグアナの娘(1992年刊)は母娘の葛藤を描いた短編漫画で、菅野美穂主演でドラマ化もされた作品です。以下に簡単なあらすじと感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

イグアナの娘 かんたんなあらすじ

青島家の初めての子・リカはかわいらしい女の子でしたが、母親にはなぜかリカが醜いイグアナに見え、かわいがることが出来ませんでした。一方、妹が生まれると、母親は妹ばかりをかわいがるようになります。

そしてリカはダメな娘扱いされ、やることなすこと否定され続け(体格が良く外で男の子とスポーツで遊ぶことを否定され、母にプレゼントをしてもいらないと言われるなど)リカ自身も、成長するにつれ自分を醜いイグアナと思うようになり、やり場のない思いを抱え悩むようになります。母に感化された妹も、リカをブスでダメな姉として扱っていました(実際は高校の同級生に手紙をもらうような容姿)。

時がたち大学生になったリカは、紆余曲折を経て、心から落ち着ける男性に出会います。そして大学卒業後すぐにその人と結婚し、夫の仕事の都合で遠方に引っ越します。義母との関係は良好で、リカは実母との葛藤は忘れ心穏やかな日々を過ごします。

やがてリカは子を産みますが、子をかわいいと思えないと悩むようになった時、母の急逝の連絡を受けます。実家に駆け付けたリカは、自分そっくりの母親の死に顔(イグアナそのもの)を見て、母の苦しみを理解し、リカも苦しみを手放します。

(母親は実は遠い国のイグアナで、人間に恋をしたため、人間に化けて生きていた、というシーンが終盤にイメージとして描かれている)

イグアナの娘 感想

母娘の葛藤を”イグアナ"で表現するという一見不思議な物語ですが、私も姉妹で同じような感じがあったので、とても共感する作品です。分かる人にしかわからない作品なのかもしれないですが名作だなと思います。

解釈するに、母親が自身の短所を自己嫌悪していて、そこに同じような性格or容姿の娘が生まれてきたら、かわいいと思ったり褒めたりできないということでしょう。家族以外での人間関係でも、自分とキャラかぶりする人が同じ場にいると何となく落ち着かない、とかも似てる気がします。

子が姉妹2人だと、よほど出来た母親でないと、差がついてしまうのはままあることなのかもしれません。姉妹のどちらが優先されるかはその家庭によりけりですね

1996年にドラマ化もされていて、ヒロインが菅野美穂、母親は川島なお美、妹役は榎本加奈子という配役でした。漫画とは少し違う物語になっていて、リカの高校での恋愛が描かれていたり、親友も登場したりしてました。面白かったです。

母娘の葛藤で悩んでいる人、そういったことに興味がある方はぜひどうぞ(単行本には、本作以外に数話の短編が収録されています)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-日本の本・漫画

© 2021 名作あらすじ & 感想