ドラマ

「JIN-仁-完結編」あらすじ 第10話|坂本龍馬、暗殺(後半)

2020年6月6日

ドラマ「JIN-仁- 完結編」のあらすじ 10話の詳しいストーリーをめとめました。

キャスト:大沢たかお(南方仁)、綾瀬はるか(橘咲)、小出恵介(橘恭太郎)、桐谷健太(佐分利祐輔)、中谷美紀(花魁・野風/未来)、小日向文世(勝海舟) 他

■前回のあらすじ

「JIN-仁-完結編」あらすじ 第9話|坂本龍馬、暗殺(前半)

続きを見る

あらすじ1 龍馬の手術

龍馬を斬った東は「初めから兄の敵を討つつもりで近づいた」と言い、仁が龍馬を庇うとその場から去って行った。

仁は龍馬の頭の刀傷の手術を始めた。骨の陥没、脳挫傷、硬膜下血腫などの治療が必要なため開頭手術を行い、手術後は人工呼吸器で空気を送り続けた。

手術から4日経ったが龍馬の容態は良くならならず、咲の提案で野風から預かっていた文を読むと、龍馬は自発呼吸を取り戻した。

その後も仁が、興味を持つような未来の話を話しかけ続け、目を覚ました。

あらすじ2 龍馬の最期

龍馬は「妙なものを見た」と電車や飛行機の話をし、「先生の住んでる未来か?」「わしも別の時代に行きたい」「先生にはこの時代はどう見えたのか?愚かなこと山ほどあっただろう?」と仁に聞いた。

仁は「教わることだらけだ。ここでは提灯がないと歩けない。一人で生きて行けるなんて文明が作った幻想だなと思った」「龍馬さんは親友で悪友で私のヒーローでした」と伝えた。

龍馬は突然呼吸が荒くなり、目を閉じた。心肺蘇生を行ったがこの世を去ってしまった。

東が遺書を残し自害したことを知った西郷隆盛は、「龍馬が徳川の者に斬られると大政奉還が水の泡になるので、その前に仇討ちという形で龍馬を守ったのかもしれない」と言った。

あらすじ3 仁友堂の今後

江戸に戻ると、偽薬の冤罪で捕まってやつれた山田が戻って来た所だった。

ショックを受けた仁は、仁友堂を終わりにしようと思う、私の頭の中には癌がある、と話した。

すると山田が「病人を置いて出て行けというのでございますか。緒方先生に向ける顔がない」と怒り、佐分利ら他の医師も「先生に出会えたことを後悔したことは一瞬もないと」などと仁を励ました。

別の日、仁は恭太郎に「京都での出来事を見なかったことにしてくれ」と謝られ、「龍馬さんの志を忘れずに前を向きませんか」と言って許した。

仁は仁友堂を続けながら、西洋医学所や医学館での講義も行ったが、ひどい頭痛は頻繁に起きていた。

旧幕府軍と新政府軍が戦い、西郷隆盛率いる官軍が品川に迫ってきていた。

仁はタイムスリップの時のことを思い出し、「あの患者は自分だ」「生あるうちに全てを伝えよう」と思った。

■次の回のあらすじ 

「JIN-仁-完結編」あらすじ 最終回|タイムスリップの結末・咲の手紙が切ない

続きを見る

「JIN-仁-」完結編 記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

おすすめの本・漫画・アニメ・ドラマや、お得な動画配信サービス・電子書籍のレビューサイトです。調べものが好きなので各作品の豆知識的なことも紹介しています。

-ドラマ