日本のドラマ

「ドラゴン桜」1 再放送・2話 自分の弱さを知れ!

再放送日時::2021年4月6日(火) 午後11:56~

ドラマ「ドラゴン桜」第2話のあらすじです(パートⅠ・2005年放映)。

低偏差値高校・龍山高校に東大受験の特進クラスを開設した、元暴走族の弁護士・桜木(阿部寛)は、父親の残した借金で窮地にいる勇介(山下智久)を特進クラスに勧誘します。

 

<出演者>桜木健二(阿部寛)、井野真々子(長谷川京子)、矢島勇介(山下智久)、水野直美(長澤まさみ)、緒方英喜(小池徹平)、香坂よしの(新垣結衣)、麻紀(サエコ)、奥野一郎(中尾明慶)、理事長(野際陽子) 他

■前回のあらすじ

「ドラゴン桜」1 再放送・1話 バカとブスこそ東大へ行け

続きを見る

スポンサーリンク

ドラゴン桜 2話 特進クラスの開設

倒産処理のため龍山高校に来た弁護士・桜木(阿部寛)は、進学校化による学校再建を目指し、高校の臨時集会で特進クラスの開設と東大合格者5人の目標を発表した。

生徒たちは騒然とし、3年B組の矢島勇介(山下智久)は「世の中には目指したくても目指せない人がいるんだ」と反発した。

学校の帰り道、勇介は、失踪した父親が残した借金を少しでも穴埋めするため、23万で買ったトランペットをリサイクルショップに3万円で売った。偶然その現場を目にしていた桜木は、勇介について行き「買う時にも売る時にも常に弱者は搾取される」などと嫌なことを言った。

勇介が帰宅すると、また借金取りのチンピラが来ていた。勇介はトランペット代の3万を渡し、チンピラ達は桜木に気づいてそそくさと去って行った。

次の日、特進クラスの教室に生徒は1人も現れず、事の成り行きを心配する英語教師・井野(長谷川京子)だけがいた。桜木は井野に、東大入試の2次試験の数理の合格ラインが意外と低い事と、特進クラスが狙うのは理系であることを伝えた。

井野が「生徒はきっと来ない」「理事長と教師達との間で”生徒が集まらなかったら(桜木は)クビ”という話になっている」と言うので、桜木は「生徒が来るか来ないか賭けるか。負けた方は1週間、勝った方の奴隷になる」と言った。

ドラゴン桜 2話 金に困る勇介

水野直美(長澤まさみ)は、桜木の言葉がずっと頭に残っていて、書店の赤本コーナーで東大の赤本を手にしていた。

すると同じクラスの小林麻紀(サエコ)(東大に入ったらタレントになりやすいかもという理由で東大受験に興味を持っていた)、奥野一郎(中尾明慶)と鉢合わせになった。

勇介は父親の借金返済のため夜の工事現場でアルバイトを始めた。しかし何故かそこに土方姿の桜木が現れた。暴走族時代の知り合いが現場監督なのが縁で、仕切り役として1日だけバイトに来たという。

作業中、桜木は勇介に「3週間後この現場が終わったらどうする」「給与の差額はどこに消えているのか。雇われている限り搾取されることは変わらない」と言い、東大に行く事をしつこく勧め、途中で仕事を終え帰って行った。

休憩時間、直美が、友人から頼まれたプレゼントを渡すために勇介の前に現れた。直美が、桜木をどう思うかについて聞くと、勇介は不機嫌そうに「桜木の話をするな」と言った。

翌日も特進クラスに生徒は現れなかった。理事長(野際陽子)が心配するので、桜木は「来年には実績が出ている」となだめ、金庫に残っている300万について、ある頼み事をした。

ドラゴン桜 2話 300万と引き換えに東大受験?

翌日も学校を欠席していた勇介は、トランペットが売値より遥かに高い18万で売られていることに愕然としていた。しかもその瞬間に電話で買取の予約が入ってしまった。

そこに母親(石野真子)から電話がかかって来て、家に戻ると桜木が来ていた。

桜木は、借金300万円を肩代わりするから東大受験するよう勇介に提案し、「受験は平等だ。家が貧乏でもグレていても、一流大学は入れれば人生やり直すことが出来るんだ」と言って300万円の札束を目の前に置いた。

頷かない勇介に、桜木は「5秒ごとにお札1枚を破る」と決断を迫った。その様子を見ていられなくなった勇介は桜木を止めたが、決断の言葉は口しなかった。

桜木は「明日朝5時、高校のグラウンドに来い」と言い、札束と質屋から買い戻したトランペットを置いて、「喧嘩に勝つ方法はまず自分の弱さを知ることだ」と言い去って行った。

勇介は取り戻したトランペットでライブに出て、ライブ後、仲間の英喜(小池徹平)と彼女・よしの(新垣結衣)にバンドを辞めることを告げた。

翌日早朝、桜木は、井野に校庭に穴を掘らせていて(賭けで負けた井野は桜木の命令を聞いていた)、間もなくして勇介も現れ、穴掘りを手伝った。

しばらくすると、造園業者がトラックで桜の木を運んで来て、それを掘った穴に植えた。桜木はその木を、東大合格者を見送る木として ”ドラゴン桜” と命名した。

更に、英喜、よしの、麻紀も特進クラスに加わるべく現れた。桜木は「今日から10日間合宿をする」と言い、合宿の時間割を見せた。

■次回のあらすじ

「ドラゴン桜」1 再放送・3話 遊べ!受験はスポーツだ!

続きを見る

「ドラゴン桜」 パート1 記事一覧

-日本のドラマ

© 2021 名作あらすじ & 感想