日本の本

源氏物語の簡単なあらすじ|稀代のモテ男・光源氏の恋と栄華の物語

2021年6月17日

紫式部「源氏物語」のあらすじを簡単に短くまとめました。

「源氏物語」は、オールマイティーでプレーボーイな主人公・光源氏の恋愛模様と平安貴族の栄華を描いた物語です。

作者は紫式部で、平安中期(1004~12年頃)に書かれ全54編で構成され、周辺人物を主人公とした物語も含まれます。(玉鬘編:10編、源氏没後の物語:3編、源氏の子・薫の物語(宇治十帖):10編)

本記事は、源氏物語の大まかなあらすじをネタバレでわかりやすくまとめたものです。話の骨格を知れる程度のものとしてお読み下さい。

後半では現代語訳の本漫画のおすすめも紹介しています。

(紫式部を主人公とした「光る君へ」が、2024年NHK大河ドラマで放映されることが決定しました)

源氏物語とは

物語について辞書に概要が300字位でまとめられていたので、転載しました。

平安時代中期の物語。紫式部著。ただし、そのすべてが紫式部の筆に成るのではないとする説もある。54帖。寛弘(1004~12)頃成立か。物語は3部に分けてみることができる。

第1部は、容貌、才能などすべてにすぐれた主人公光源氏が、多くの女性と関係を持ちながら、運命に導かれて栄華をきわめる姿を描く。これに対して第2部は苦悩の世界であって、光源氏は最愛の紫の上を失い、栄華は内側から崩壊する。第3部(宇治十帖)は光源氏没後の物語で、不義によって生れた薫大将を主人公として、不安に満ちた暗い世界が展開される。

さまざまな恋愛と運命的な人生のうちに、貴族社会の苦悩を摘出したところに価値があり、現代では世界的な文学として広く迎えられている。

(ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版 より引用)

日本人だと古文の授業で出て来るのでおなじみの物語ですね。私も通しで読んだことがありますが、なかなかのボリュームで読み応えがありました。

源氏物語のあらすじ①(桐壺~夕顔)

(桐壺、帚木、空蝉、夕顔)

いつの御代のことだったか、身分が高くないのに帝の寵愛を一身に受ける桐壺更衣という女性がいた。更衣は美しい皇子を産んだが、他の女房達から嫉妬や嫌がらせを受け、病になり他界してまった。(当時の帝は一夫多妻制で妻が複数いた)

時が経ち、桐壺更衣の子は、輝くような美男子に成長し「光源氏」と呼ばれるようになった。

父・桐壺帝は、後ろ盾のない光源氏が政権争いに巻き込まれないよう、光源氏を皇族から貴族の立場に変更した。

元服した光源氏は、左大臣家の娘・葵の上の婿となった。(元服:男子の成人の儀式。12~16才くらい)

しかし光源氏は、葵の上の気位の高い性格に馴染めず、父・桐壺帝の後妻・藤壺を思慕し、他にも複数の女性と浮き名を流します。

そんな中、源氏が通う女性の一人・六条御息所が、嫉妬に狂い生霊となって、源氏が入れ込んでいた別の女性・夕顔を呪いころしてしまいます。

登場人物

光源氏

物語の主人公で帝の子。学問や、和歌や舞などの芸事にも優れ、見た目も良いというオールマイティーでプレーボーイな男性。亡き母・桐壺更衣の生家である二条院に住み、宮廷に勤めている。

桐壺帝(きりつぼてい)

光源氏の父

藤壺女御(ふじつぼにょうご)

帝が桐壺更衣亡き後に迎えた妻で、桐壺更衣そっくりで美しい。光源氏より5才年上。

葵の上(あおいのうえ)

左大臣家の娘で、光源氏の最初の正室。(※正室:正式な妻)

頭中将(とうのちゅうじょう)

左大臣家の子息で葵の上の兄。光源氏とはよきライバルで、恋愛談義を楽しむ友人でもある。

空蝉(うつせみ)

左大臣家の家来・紀伊守の若い継母。光源氏は方違えで訪れた紀伊守の別宅で空蝉と出会い、一夜の関係を持った。(方違え:その日悪い方角を避けること。陰陽道の考え方)

六条御息所(ろくじょうみやすどころ)

前皇太子の未亡人で、光源氏より7才年上。光源氏は教養の高い御息所を慕い、一時期屋敷に通っていた。本人の自覚なく嫉妬で生霊になり、光源氏の他の女を呪う。

夕顔(ゆうがお)

光源氏の乳母の家の隣に暮らす、可憐な子持ちシングル女性。のちに夕顔の子の父が頭中将であることが判明する。

源氏物語のあらすじ②(若紫~花散里)

(若紫、末摘花、紅葉賀、花宴、葵、賢木、花散里)

光源氏は、思いを寄せていた夕顔を失った悲しみで病にかかり、祈祷(きとう)を受けるため北山を訪れます。(このころは祈祷で病気が治癒すると信じられていた)

そこで、継母・藤壺女御そっくりの10才の少女・紫の上を見かけます。光源氏はその少女を強引に連れ帰り、自分の元で育てはじめます。

その一方で、光源氏は継母・藤壺への思いを断ち切れず、藤壺と密通し、藤壺は源氏の子を身籠ってしまいます。(生まれた子は桐壺帝の子として育てられる)

光源氏は更に、不美人な末摘花や、色好みの老女と一夜を明かしたり、ライバルである右大臣家の娘・朧月夜に入れ込みます。(この頃光源氏は20才位)

22才の時、正室・葵の上との間に子を設けました。しかし、葵の上が六条御息所に恥をかせる出来事があり(祭り見物の場所取りで、六条御息所の牛車を退かせた)、葵の上は、息子・夕霧の出産の際、六条御息所の生霊に呪われ他界してしまいます。

葵の上と心が通じ始めていた光源氏は悲しみに暮れますが、喪が明けると成長した紫の上と枕を交わし結婚します。

翌年、父・桐壺が崩御(他界)してしまいます。さらに、藤壺は光源氏への思いを断ち切るように出家し尼になってしまいました。また、この頃から右大臣家の勢力が強まり、左大臣家の一員である光源氏は、宮廷内で不利な立場となって行きます。

25才頃、朧月夜との関係がとうとう右大臣家にばれ、光源氏は処罰が下る前に自ら須磨に隠遁を決めます。(朧月夜はこの時には朱雀帝の妻になっていたので、帝の妻とデキていたということで罪は重い)

光源氏は須磨に行く前に、昔なじみの花散里と夜を過ごしました。

登場人物

紫の上

藤壺女御の姪で、藤壺にそっくり。光源氏が18才で初めて会った時、紫の上は10才。成長して光源氏の妻となる。

末摘花(すえつむはな)

故・常陸宮の姫。鼻が赤く不美人だが一途な女性。のちに光源氏は生活を支援した。

朧月夜(おぼろつきよ)

ライバル・右大臣家の娘。桜の宴で光源氏と知り合い恋仲になり、朧月夜が朱雀帝に嫁いだ後も逢瀬を続けた。光源氏の母をいじめた帝の正室・弘徽殿の女御(こきでんのにょうご)は、朧月夜の姉。

花散里(はなちるさと)

父・桐壺帝に仕えていた麗景殿女御の妹で、穏やかな女性。

朱雀帝(すざくてい)

光源氏の異母兄。

源氏物語のあらすじ③(須磨~藤葉裏)

(須磨、明石、澪標、蓬生、関屋、絵合、松風、薄雲、朝顔(槿)、少女、、梅枝、藤裏葉)

紫の上を京に残し須磨に渡った光源氏は、現地の受領・明石の入道から娘(明石の君)を勧められ、妻に迎えます。

隠遁生活が2年を過ぎた頃(29才位)、朱雀帝から声がかかった光源氏は、懐妊した明石の君を残し京に戻ります。(朱雀帝は、夢で故・桐壺帝に睨まれ眼病になり、光源氏への処遇が良くないから呪われたと思い、源氏を呼び戻した)

間もなく朱雀帝が退位し、冷泉帝(実は藤壺と源氏の子)が即位し、源氏は内大臣に昇進します。

その頃、六条御息所が他界し、光源氏は六条御息所の娘を養女に迎えます、さらに詫び住まいをしていた末摘花と、夫を亡くした空蝉を二条院に迎えました。

光源氏は継母・藤壺と協力し、六条御息所の娘を冷泉帝に入代させ、権力を増し栄華を極めます。

また、明石の君との間に生まれた姫君については、姫君の今後を考え、紫の上の養女として引き取りました。

この頃、藤壺が39才位で亡くなり光源氏は悲しみにくれます。

光源氏は35才位の頃、六条院を建設しました。この豪邸には、春夏秋冬をイメージした4つの屋敷があり、それぞれの建物に紫の上、花散里、梅壺女御(六条御息所の娘)、明石の君を住まわせました。また夕顔の娘・玉鬘を引き取り、花散里に養育を任せました。

登場人物

明石の君(あかしのきみ)

受領の娘。地位は高くないが、六条御息所に似た雰囲気で品がある。光源氏との身分差に引け目を感じている。

明石の姫君

源氏と明石の君との間に生まれた子。紫の上の養女となった。

冷泉帝(れいぜいてい)

表向きは桐壺帝の子だが、実は藤壺と光源氏の子。

六条御息所の娘

冷泉帝に入内し梅壺女御となる

玉鬘(たまかずら)

夕顔と頭中将の娘。夕顔の面影を残し美しく成長し、光源氏が引き取って養育し、嫁に出す。(玉鬘十帖)

 

源氏物語のあらすじ④(若菜上~雲隠)

(若菜上、若菜下、柏木、横笛、鈴虫、夕霧、御法、幻、雲隠)

光源氏は39才の時、元朱雀帝に託され、彼の三女・女三の宮を正室に迎えた。しかし女三の宮に惚れた柏木(元頭の中将の息子)が女三宮にと関係を持ち懐妊させてしまう。(かつて自分がやったことが今度はされる側として光源氏に回ってきた)

密通に気づいた光源氏は柏木に嫌味を言い、柏木は恐怖で病に伏し亡くなってしまった。女三の宮が生んだ子・薫は柏木そっくりだった。

光源氏が51才の時、紫の上が病に伏しテ他界し、源氏は悲しみに打ちひしがれる。世を儚んだ光源氏はやがて出家を決意する。(源氏が主役の物語はこれで終わり)

登場人物

女三の宮

元朱雀帝の三女。源氏39才の時13才位

柏木

元頭中将の息子。女三の宮を偶然垣間見て一目惚れして懐妊させてしまう。光源氏の嫌味で恐怖のあまり体を壊す

夕霧

光源氏と葵の上の間に生まれた息子。柏木とは仲の良い友人

源氏物語のあらすじ⑤(匂宮~夢浮橋)

(匂宮(匂兵部卿)、紅梅、竹河、橋姫、椎本、総角、早蕨、宿木、東屋、浮舟、蜻蛉、手習、夢浮橋)

宇治十帖は、光源氏の子・薫と、友人・匂宮との間で起きた三角関係の恋愛もようを描いていて、宇治を舞台にしています。(あらすじ準備中)

登場人物

光源氏と女三宮の間に生まれた子(実は父親は光源氏ではなく柏木)。生まれつきよい芳香を放つことからこの名で呼ばれた。

匂宮(におうのみや)

明石の中宮(源氏の娘)と帝の間に生まれた第三皇子(源氏の外孫にあたる)。薫とともに育った幼馴染みであり薫をライバル視している。

■源氏物語が評価される理由

単純にあらすじ骨格をまとめると、光源氏のクズ感がすごいのですが、当時の常識は今とはかなり違うのでしょうがないですね。

源氏物語の魅力は

・優雅な文章や物語の中に和歌が多く散りばめられていること、雅な文化や知性に溢れていること

・物語のベースに、仏教的価値観や "もののあはれ" が流れている

にあり、そのことから、日本だけでなく世界でも認められる古典文学なのです。

(仏教的価値観 → 栄えている者もいつかは滅びる、万物は移り変わる、的な考え方のことだと思います)

 

源氏物語や光源氏の魅力を現代で分かるように例えたらどういう人や事だろう…?と少し考えてみましたが、頭や家柄も良くて見た目も麗しい超人気のシンガーソングライターで、ダンスも出来て女性に優しくてモテモテ、というような設定でしょうか…

■源氏物語の現代語訳・おすすめ

源氏物語全話を原文を読むのは相当の時間が必要なので、通常は現代語訳を読むことになります。

これまで多くの作家の現代語版が出版されている中から、おすすめの作家を紹介します。読み比べてみるとそれぞれの違い分かり、自分に合った訳本に出会えるかもしれません。

谷崎潤一郎訳

「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」や「細雪(ささめゆき)」などで著名な文豪・谷崎潤一郎の訳は、戦中前後に執筆されたもので、現在も文庫本で販売されています。

レビューには、”文章が美しい”、”与謝野晶子版は割愛があったり自身の歌が入っていて好みではなかったが、谷崎さんのものは原典に近い訳で当時の文化を感じられる、とても良い”など好印象の声が多いです。

円地文子訳

円地文子さん訳の源氏物語は、現在中古本のみの取り扱いです。私が昔読んだのは円地文子さん訳です。

角田光代訳

角田光代さん訳の源氏物語です。2017年刊行、上中下の全3巻です。レビューでは、”軽やかに読める”、”角田さんの新作小説のよう”、”読みやすい”などの声があり、気兼ねせず手に取れそうです。

■源氏物語の漫画・おすすめ

まんがは、難しい内容を視覚的に理解して、楽しく読み進めることができるのでおすすめです。

まんがで読む源氏物語

こちらは、1冊で源氏物語の大筋を知ることの出来る漫画です。とっつきすい癖のない絵柄で、小学生のお子さんにも安心して読ませられる描写となっているようです。

物語は源氏の一生についての内容で、薫大将の話は省略されていますが、源氏物語に興味を持った子供向けとしてや、さっと源氏物語の全貌を知りたい方に最適です。

あさきゆめみし

「あさきゆめみし」は 「はいからさんが通る」の著者・大和和紀さんが描いた漫画の源氏物語です。

”難解な文章を理解するために漫画を手に取ったが、とても良かった”、”ビジュアルで見れると分かりやすく理解が進む”という声が多く、本だと敷居が高いという方にもおすすめの一冊です。

■源氏物語の関連本

人生はあはれなり… 紫式部日記

源氏物語の作者・紫式部の「紫式部日記」をマンガ化した本です。

「紫式部日記」は、主には紫式部が宮廷で宮仕えしていた時の記録を書いたものですが、このマンガでは紫式部の生い立ちや源氏物語を書き始めたきっかけなども書かかれていて、紫式部がどのような人でどういう人生を送ったのかが分かる内容になっています。

イラストがかわいい&面白くて、紫式部の人となりが分かり身近に思えて、「今も昔も変わらないんだな~」と思える箇所もある、共感できる面白い本でした。オススメです。

■作者・紫式部について

下級貴族出身で、結婚後3年ほどで未亡人となる。文才を見込まれ藤原道長の娘・彰子の家庭教師になる。

やがて彰子が帝に嫁ぎ、道長は「帝が頻繁に娘の所に通うようになり、帝の子が出来れば、自分の権力が高まる」と考え(帝には複数の妻がいた)、紫式部に物語を書くことを勧めた(本でおびき寄せる作戦)。

当時は紙が貴重で手に入りにくい時代だったので、物語を書くには裕福な人(道長)のバックアップが必要だった

・百人一首に掲載されている紫式部の歌

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな

↓ 紫式部の略歴が辞書に記載されていたので以下に転記しました。40才位で没してる‥、昔は短命ですね

生)天延1(973)頃 没)長和3(1014)頃

平安時代中期の物語作者。『源氏物語』の作者。漢学者であった藤原為時を父として生れ、母は藤原為信の女で早く亡くなり、父の手で育てられた。長保1(999)年頃年齢の違う藤原宣孝と結婚、後冷泉院の乳母になった大弐三位賢子を産んだが、同3年夫と死別。この寡婦時代に『源氏物語』の執筆を開始したと推定される。寛弘2(1005)年あるいは翌3年の年末、一条天皇の中宮彰子に出仕したが、女房生活にはなじめなかったらしい。その間の事情は「紫式部日記」に詳しい。その点、清少納言とは対照的で、同時代の女流文学者として、和泉式部、赤染衛門らとともに対比されることが多い。40歳余で没したと推定される。家集『紫式部集』があり、伝記資料としても重視される。

引用元:ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

-日本の本
-