おしん

おしん あらすじ 88/89/90話|不景気で田倉商店が経営不振に

NHK朝ドラ おしんのあらすじをネタバレでまとめました。

88話・89話・90話では、不景気で田倉羅紗問屋の経営がかんばしくなくなりました。店を畳んで佐賀へ帰るような事態になることを恐れたおしんは、家計を助けるため、たかの店で再度働くことにします。一方、プライドのある竜三はおしんが働くことに反対していました。

■前の回のあらすじ

おしん あらすじ 85/86/87話|結婚祝いの会

続きを見る

スポンサーリンク

おしん 88話 取引先が倒産

結婚祝いの会のあと、酔い潰れた竜三と源右衛門は、他の人の助けの手を借りながら家に帰り、そのまま寝てしまった。

翌朝早朝、竜三と源じいは声をかけても寝入ったままだったので、おしんは店員3人とともに倒産する取引先に行った。おしんは店主に「田倉の家内です」と挨拶し、「代金を回収できていないので商品を返品して欲しい」と交渉した。

9時頃ようやく目を覚ました竜三と源じいが二日酔いでふらふらしている時、おしんが帰って来た。

おしんと店員が商品を運んで来ているのを見た竜三が「何事か」と店員に聞くと、店員は口ごもりながら、潰れる寸前の店から商品を引き取ってきた旨を説明した。すると竜三は激高し、源右衛門の静止を振り払っておしんを平手打ちして張り倒し、「よくも私の顔に泥を塗った」と怒った。

するとおしんは「商人として間違ったことをしていない。二人が正気に戻るのを待っていられなかった。昔加賀屋で奉公していた時に同じようなことがあって、他の債権者より一足でも早く行って取り戻すのが商人として当然の事だと大奥様に教えられていた」と説明した。

納得しない竜三に、おしんは「じゃあ代金も貰っていない商品を他の債権者に取られていいのか?」と問いかけると、竜三は「困ったときはお互いに助け合うのが商人の情けだ」と言っておしんのしたことを認めなかった。おしんは謝り「間違ったことをしていたのなら、商品をまた納めてくる」と頭を下げた。

そこに竜三の仕事関係の知人が来訪した。男性は開口一番「ひでえ目にあった」と、おしんが商品を引き上げた店が倒産して債権者が押し寄せていることを話した。そして田倉商店が商品を既に引き上げていることを「先見の明がある!」と褒め、倒産した店は縫製工場があだで資金繰りが上手く行かなくなった、と倒産に至った経緯を話した。

その後、竜三は落ち込み切って部屋に引き籠ってしまった。源じいは「しばらくそっとしといてあげて欲しい」「あの店に縫製工場を作るよう勧めたのは坊ちゃんなんです。うちからも資金の一部が出ている。鼻っ柱を折られたのが堪えている」とおしんに説明した。

おしんは「差し出がましいことをした」と悔やみ、挫折を知らない竜三がこれから大丈夫なのか心配した。

おしん 89話 髪結い長谷川のヘルプに入る

お勝手に米屋が集金に現れた。おしんは店の方に行くよう言ったが、店で払えないと断られたという。他にも、店に取引先が来た時、源じいはそこでも支払いを断っていた。

おしんは義父の祝いの金を源じいに差し出し、店の資金に充てるよう言った。源じいははじめは固辞したものの「必ず返す」と言って受け取った。そこに取引先が来て、竜三が強引に収めたという生地を返品に来た。取引先の男は「戦争でもおきてくれないと不景気はどうにもならない」と言った。

竜三は落ち込んでいたが、おしんは「生活は少しぐらい苦しくても戦争だけはない方がいい。どん底に落ちても這い上がればいい」と明るかった。源じいも店の経営不振に「男は責任がある」と言って涙し、使用人も雇い切れないから暇を出す、と言った。

そこに長谷川たかの弟子・律が現れ、店が暮れの時期で客が多く、師匠の手が回らない状態のため、家庭のこともあるだろうが、おしん姉さんに手伝いに来て欲しい、と頼みに来た。

おしんは、竜三の快諾を得て、たかの店にヘルプに行った。客が何人も待ちわびていて、たかはかなり疲れた様子で、おしんが来てくれたことにほっとした様子だった。

夜、おしんは仕事を終えて店に帰り、すぐに床についた。竜三がおしんの手を引き寄せたが、おしんは疲れ果てて即寝していた。

大晦日も長谷川で働き、年始を迎え、日が昇り、ようやく最後の客を見送ることが出来た。たかはおしんに「本当に助かった。長谷川の体面を何とか保つことが出来た」と頭を下げ、手当を渡した。おしんは「御恩返しのために働いた」と断ったが、たかは「おしんは一人前の髪結いなんだ」と言って金を受け取るよう言った。封筒には50円が入っていた。

おしん 90話

朝、仕事を終えたおしんが家に帰ると、源じいが出迎えてくれて、雑煮を用意してくれていた。

おしんは稼いだ給金を、店の支払いに使うよう竜三に渡した。二人とも50円という大金に驚き、竜三は「女子が余計なこと考える必要はない」と機嫌を悪くした。おしんは「私だって源じいが辛いの苦労しているのを見てられない。またいい景気の良い時も来るから、その時うんと贅沢させてもらう」と言った。

大正11年の新春、おしん22才の年がはじまった。楽な生活ではなかったが、おしんは幸せだった。

田倉商店では売れ行き不振が続いていて、源じいは「いざという時は店を畳んで佐賀に帰ることも」と言った。おしんは「今更佐賀へ帰るなんて‥」と顔を曇らせた。

おしんはその日、ふたたび長谷川を訪れ「こちらで雇っていただけないか。もしこちらで洋髪をやらせて頂けるのであれば」と頼み込んだ。たかは「あんたは人の奥さんなんだよ。片手間で出来るような仕事じゃないんだよ」と断ろうとした。

おしんが、田倉商店が経営に困っているとい事情を説明すると、たかは「いい所に嫁に行ったと思っていたけど、いつまでも苦労が絶えないね」「来てくれるんなら嬉しい。渡りに船だ。洋髪もやって時世に合った店にして行けたら」と歓迎してくれた。

夜、おしんは竜三に、たかの店で働くことを報告した。竜三は反対したが、おしんは「この店はどうなる。店を畳んで佐賀に戻るのだけは‥。自分で出来ることをしたい、夫婦の幸せのために。佐賀に帰るのが怖いの。あんなにお母さまに反対されて」と懇願した。

■次の回のあらすじ

おしん あらすじ 91/92/93話|ふたたび髪結い・長谷川で働く

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-おしん

© 2021 名作あらすじ & 感想