おしん

おしん あらすじ 85/86/87話|結婚祝いの会

2021年6月13日

NHK朝ドラ おしんのあらすじをネタバレでまとめました。

85話・86話・87では、故郷で父の葬儀を終えたおしんは、酒田に立ち寄って加賀屋の人々に結婚を報告しますが、婿を迎えた加代は幸せとは言えない結婚生活を送っていて、おしんは心を痛めます。

■前回あらすじ

おしん あらすじ 82/83/84話|父・作造の最期

続きを見る

スポンサーリンク

おしん 85話 加賀屋に結婚を報告

作造の初七日を終えたおしんは、故郷を去る日、母・ふじに東京で一緒に暮らすようふたたび声をかけた。しかし母は「居候は肩身が狭い」と断った。

おしんは東京に帰る前、結婚の報告をするため酒田に立ち寄った。加代は、相手が自分も知っている竜三だということに驚き、大奥様も奥様もおしんの結婚を喜んでくれた。

加代はおしんと二人になると「おしんは自分の思い通りに生きていてえらい。自分は死んだようなものだ。旦那は財産目当て婿入りして、芸者を囲っているが、出て行かれたら困るから皆見て見ぬふりだ。でも自分は加賀屋を捨てる訳には行かない」と嘆いた。

そして浩太への未練を口にし、「あの日浩太さんは東京のおれの部屋に来たのでは?」とおしんを問い詰めた。おしんは困惑し、「帰って来なかった」「浩太さんはお加代様のことはとっくにお忘れです」と冷静に言った。すると加代は「おれの気持ちはわからないだろう。こんな気持ちで生きてたって‥」と泣いた。

おしんが「しっかりしてください。お加代様はわがまますぎます。これだけのお店の跡取りに生まれて立派な家族に恵まれて‥」と叱責すると加代は「せっかく来てくれたのに済まない」と謝った。

加代の夫・政夫が帰宅したので、奥さまが政夫におしんを紹介した。政夫は奥様と加代に向かって「囲っている芸者に子が出来て、認知するつもりだ」と言った。

加代は部屋を飛び出し、おしんに「こんな目にあっても辛抱しなきゃならないんだよ。行くあてもない」「おしんが羨ましい。好きな人と一緒になれることがどんなに幸せか‥」と嘆いた。

おしんは「(浩太が東京の部屋に帰って来ていないと)嘘を付いたことが、加代にとって良かったのか」と辛く思った。

おしん 86話 新しい生活のはじまり

東京に戻ったおしんは竜三に、葬儀を終えた事、亡くなる前に父が結婚を喜んでくれたことを伝えた。また「家が建ったので実家のことは肩の荷が下りた。これからは自分たちの生活を大事にする」と明るく話した。

おしんが「もし不自由だったら髪結いは辞めるが」と聞くと、竜三は「好きで仕事をするなら良い。待っている客もいる」とおしんが仕事を続けることを許可した。

おしんはしばらくぶりに神田のカフェを訪ねた。女給たちはおしんが髪結いを辞めてしまうことを心配したが、おしんは、許可も得てこれまで髪結いに来ることを伝えた。女給達は理解のある竜三のことを褒め、二人の結婚のお祝いの会を開きたいと言った。

就寝前、おしんが竜三にをお祝いの会の話を報告すると、竜三は歓迎し了承した。

二人は仲睦ましい新婚生活を送り、源じいもそれを見守っていた。

そんな中、おしんは竜三とともに髪結いの師匠・長谷川たかの家を訪れ、結婚の報告をした。

たかの店は、弟子は皆やめ律だけが残っていた。不景気もあり、この一年で日本髪を結う客はすっかり減ってしまったとのことだった。店に客がいなかったので、たかはおしんと竜三を酒でもてなしてくれた。たかは「女は頼りになる男がいるのは一番幸せなんだから。私みたいになっちゃだめだよ」と言った。

おしん 87話 おしん夫婦の結婚祝いの会

新婚生活で、おしんは出髪は神田のカフェの女給などの少数に絞り、家事中心に過ごし、田倉商店の商売のことにも慣れようとしていた。もしもの時のために店のことに慣れたいというおしんに、源じいは「そう心配しないでも」と言った。おしんが質問したところ、土地は借地で借地権だけ持っていて、家は竜三が親から貰った独立資金の一部で買っているので竜三のものになっているという。

帳簿の内容についておしんが質問すると、源じい曰く、「ここ半年、品物は出るが代金回収されておらず資金繰りがきつい」「小売店を思って無理に取り立てていない。不景気なので、お互いに助け合おうと辛抱している」と店の状況を話した。

夜、竜三が高級なケーキの土産を持って帰ってきた。

その後染子が訪ねてきて、二人の結婚のお祝いを今度の水曜夜に、カフェアテネを貸し切りにして行いたい、会費制で客を呼ぶスタイルだ、と提案した。竜三は歓迎し「そんな時を思って振袖と帯を用意していた」と言った。

おしんは店の状況を気にせず金を使う竜三に顔を曇らせ、振袖について「店が大変な時にそんな贅沢‥」と言った。すると竜三は「店が大変なんて誰が言ったんだ。女子が余計な心配することなか」と強く言った。

水曜、おしん達の結婚祝いの会が行われた。カフェアテネの女給たちや源じい、師匠のたかと律も来てくれた。

竜三はこれが最後と女給たちにせがまれ、女給たちとダンスを楽しんでいて、おしんはたかとテーブルで談笑していた。たかは「店を人に譲って田舎に引っ込もうと思っている」と話した。もったいないと言うおしんに対し、たかは「腕のたつ子を置くのが大変で」と言った。

祝いの会の終盤には、酔った源じいもはしゃいで踊り出し、竜三も泥酔状態だった。

そこに、田倉商店の店員が現れ「旦那様に知らせたいことが」とおしんに声をかけた。竜三たちは酔っているのでおしんが代わりに聞くと、一番の大口の取引先が、明日破産宣告するという情報があるとのことだった。おしんは「債権者が押しかける前にうちの商品を引き取ることにするから、運送屋を手配していて欲しい。竜三や源じいの酔いがさめるまで待てない」「明日朝6時にうちで落ち合いましょう」と店員に指示した。

おしん あらすじ 88/89/90話|不景気で田倉商店が経営不振に

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-おしん

© 2021 名作あらすじ & 感想 Powered by AFFINGER5