おしん

おしん あらすじ 82/83/84話|父・作造の最期

2021年6月11日

NHK朝ドラ おしんのあらすじをネタバレでまとめました。

82話・83話・84話では、おしんは上京した竜三の父 ・大五郎との対面を果たし、結婚を認めて貰うことができました。一方実父・作造は肝臓をわずらい危篤となり、おしんは故郷に駆け付けます。

■前回あらすじ

おしん あらすじ 79/80/81話|田倉商店での新婚生活がはじまる

続きを見る

スポンサーリンク

おしん 82話 義父が二人の結婚を認める

佐賀から竜三の父親・大五郎が上京して来たので、おしんはその日の出髪の予定をキャンセルした。

おしんが大五郎に挨拶をすると、大五郎は開口一番、おしんに「小作人の娘なんだろう?」と聞いた。竜三は、父親が結婚に反対しに来たと思い込み激怒し、おしんについて知らせたという源じいにも怒った。

すると大五郎は竜三に「罰当たりが!」と言い放ち、源右衛門が、手紙でおしんのことをとても褒めていて(心が優しく小さい頃から苦労していて、思いやりがあり気が利き、料理が上手で商売の腕も持ち、行儀作法やたしなみも仕込まれている‥など)、二人を一緒にさせてあげて欲しい、と知らせて来たことを明かした。

大五郎は、幼少の頃からずっと一緒に過ごして来た源右衛門へ絶大な信頼を寄せていたことから、「源右衛門の言葉を信じた」と言い、二人の結婚を許可した。源爺は男泣きした。

夜、大五郎をおしんの料理でもてなし、楽しい宴が行われた。大五郎は竜三に「この店を盛り立てて、東京の暮らしをおしんさんと一緒に大事にすればいい」と激励し、おしんに結婚祝いのお金を渡した。

また、源じいが「これを機に佐賀に帰る」と言ったが、おしんが帰らないで欲しいと懇願し、源じいも引き続きおしん達と一緒に暮らすことになった。

その時、おしんの故郷から、父の危篤を知らせる電報が届いた。

おしん 83話 父・作造の危篤

父・作造の危篤の報せを受けたおしんは、来訪していた義理の父・大五郎に「遠慮するな」と促され、すぐに帰郷することにした。

結婚のことは作造は反対していたので、竜三は同行せずおしん一人で帰郷した。

山形の実家の家屋は、昔以上に古びて朽ちていた。ちょうどふじが呼び寄せた医者を見送っていて、作造は、この間上京した後から具合が悪くなり、酒の飲みすぎで肝臓が悪いとのことだった。

実家の家の目の前には、おしんんの仕送りで建てた新しい家が完成していた。農作業から戻ってきた庄治は、おしんの顔を見るなり「大したこともないのに帰ってきて。飯代がかかる」などと不平をつらねた。初対面の庄治の嫁・とらも感じが悪く、二人は送金の礼も言わず家に入ってしまった。

おしんが実家の家に入ると、姉・みつと弟・正助、妹・こうも奉公先から駆けつけていて、久しぶりの再会を喜んだ。しかし作造は寝込んでいて、医者から覚悟するよう引導を渡されている状態だった。

おしんが憤慨し「なぜ新しい家に寝かせてあげないのか」と聞くと、ふじは「新しい家で死んだらあとに住むものが気持ち悪いだろうって庄治たちに遠慮している」と言った。おしんが食い下がるので、ふじは「家を出た者が口を出すな、たとえお前の金で建てた家でも。波風立てたくない」と言った。

おしんは新しい家に行き、兄に「父をここで養生させてやれ」と言った。すると庄治は「確かにお前はこの家のために色々やってくれたかもしれない。でもそれは俺も同じだ。継ぎたくない家も継がされて、家の一つや二つ貰っても当然だ。送金した金も、俺ではなくお父っつあんがもらったんだ。お父っつあんは自分の金で俺に家を建ててくれたんだ」とひどい事を言った。

父が目を覚ましたと呼ばれ、おしんは古い家の方に戻った。

作造は弱弱しい声で「良く帰ってくれた」とほほ笑んだ。おしんのこれまでの恨みは飛んで、父を憐れに思った。

おしん 84話 作造の逝去

おしんは目を覚ました父に、新しい家で寝かせて貰うよう言ったが、作造は「いいんだ。庄治が家継いで嫁が来てくれたから建てた甲斐があったんだ。俺はこの家が好きだから。この家で生まれて育って、じんちゃんもばんちゃんもこの家で死んだんだ」と言った。

そして「おしんには一番苦労させたけど、新しい家はお前たちの家でもあるんだぞ。これで母ちゃんも安心だ。本当にありがたいと思っている。もういつ死んでもいい。お前にひと言、礼と詫びを言って死にたかったんだ」「お前も働いてばかりだと行き遅れるんじゃないか」と言った。

おしんは思わず「俺、今誰よりも幸せなんだ。おれ結婚したんだ。羅紗問屋の田倉さんだ。佐賀のお父さんも許してくれた。祝言あげたんだ。もう一緒に暮らしてるんだよ」と伝えた。

作造は「怒鳴り込んだ時の夢を見てうなされていた。気になっていた」とほっとした様子で、ふじに「酒だ。おしんの結婚を祝う」と言いつけた。ふじは作造の気持ちを思い、酒を用意した。

作造は具合の悪い体を起こし、皆でおしんに乾杯した。おしんは思わず泣き、作造は「今までこんなに上手い酒を飲んだことはない」と喜んでいた。

その夜、父は息を引き取った。今でいう肝硬変だった。

葬儀を終えた後、おしんはふじに「一緒に東京で暮らさないか」と誘ったが、ふじは「どんな仕打ちされたってここが家だ」と言って断った。

その時、庄治の家に近隣の小作達が集まっていた。年貢米を減らすことを談判するための集会が開催されるという。おしんはピンと来た。

しばらく家の外で様子を伺っていると、そこにおしんの初恋相手・並木浩太が現れた。農民運動のために集会に来たのだった。

浩太も驚いていて、おしんはここが自分の故郷で庄治は兄であること、更に東京で結婚したことを伝えた。浩太は一瞬顔を曇らせながらも、祝いの言葉を述べ「幸せに」「いつも幸せでいて欲しい」と言葉をかけた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-おしん

© 2021 名作あらすじ & 感想 Powered by AFFINGER5