おしん

おしん あらすじ 79/80/81話|田倉商店での新婚生活がはじまる

NHK朝ドラ おしんのあらすじをネタバレでまとめました。79話・80話・81では、おしんは、日本橋で生地問屋を経営する田倉竜三と結婚することを決め、2人きりの祝言を行い、竜三の家の爺や・源右衛門の反対をおしきって田倉商店での新婚生活を始めます。

■前回あらすじ

おしんのあらすじ 76/77/78話|過労で倒れる

続きを見る

スポンサーリンク

おしん 79話 おしんと竜三の祝言

おしんは実家への送金が終わったら、竜三と結婚することを約束した。

竜三の店では、世間の不景気で取引先の不払いが出始めていて、源爺が「商品を引き払った方がいい」と助言していた。しかし竜三は「店は自分にはもう関係ない」と言い、おしんと結婚する約束をしたことを報告した。

爺やはカンカンに怒って「あんな女子のために父母を捨てるのか」と説教し、そのうち心配のあまり涙しはじめた。

翌朝、竜三がおしんの家を訪ねて来て、突然「今日、祝言を上げよう」と言った。爺やの源右衛門は自分が赤ん坊の頃から面倒を見てくれていたが、結婚を反対していて佐賀に帰ることになるので、その前におしんさんと一緒に暮らせば、おしんさんを知って安心して佐賀へ帰れるから、という理由だった。おしんは快諾した。

その日、おしんと竜三は神社に行き、二人きりで祝言を上げた。おしんは幸せを感じ、自分で選んだ幸せを自分で守ろうと心で誓っていた。

祝言を終え、おしんは竜三に連れられ田倉商店に来た。竜三は爺やに「祝言を上げてきた。今日からおしんさんと一緒に暮らす」と言った。おしんも挨拶したが、爺やは茫然とし、旦那様と奥さまにどう伝えればいいのか、と頭を抱えていた。

おしんと竜三は強引に引っ越しの荷物を運びこみ、田倉商店での同居生活が始まった。

おしん 80話 新婚生活がはじまる

翌朝目覚めたおしんは、竜三に求められたものの、源爺も同居しているので断った。

おしんは朝から、炊事、掃除、竜三の身支度の準備など、これまで源じいがしていたことを全て先回りして行った。

朝ご飯の時間、別室で飯を取ろうとする爺やに、おしんは「お父さんみたいな方だと思っている。一緒の食卓で食べましょう」と声をかけた。しかし源爺は「自分は使用人だから」と固辞した。竜三はかまどで炊いた美味しい飯や品ぞろえ豊富なおかずに喜んだ。源爺は不機嫌だった。

午後、おしんは出髪に出かけた。竜三は爺やに、おしんが家が建つまで田舎に仕送りをすることを伝えた。

出勤した神田のカフェで、おしんは女給たちに結婚を伝え、突然のことに驚かれながらも祝福された。女給達がお祝いをしたいと言うので、おしんは、義理の両親が反対していて結婚すると勘当される状況であることを伝えた。

その頃、竜三の家では、爺やが「(おしんが)夕飯時に家を空けた。妻としての資格がない」と指摘し、夕飯の支度をするため張り切って台所に行った。しかしすでに作り置きの食事とあたための指示の手紙が置いてあった。

源じいは言葉を失うとともに「どこで字を習ったのか」と疑問を口に出した。すると竜三は「奉公先で仕込まれたらしい」と伝えた。爺やは竜三に「算盤もできるのか」と聞いた。

夜、おしんが出髪から戻ると、店に源じいが座っていて「話がある。竜三ぼっちゃんは寄合で出かけている」と声をかけて来た。

おしん 81話

源じいはおしんに「算盤は出来るか」と聞き、計算を出題した。おしんの算盤の計算は完璧だった。すると源じいは「しばらく店の帳面づけをして貰いたい」「前日の報告をまとめて欲しい」と頼んで来た。

翌朝、おしんに帳面づけをさせることに、竜三が「女子にそんなことを!あらを探しているんだ、おしんが憎いんだ」と怒って反対し、キレて去って行った。源じいは構わずおしんに帳簿を渡した。

座卓で帳簿を真剣に見ていたおしんは、そこに現れた竜三に「源右衛門さんにお店のこと任せているんですか?」と聞き、源じいの所に行き「分を越えたことを言いますが、帳簿に納得行かない所がある。品物はさばけていて儲けは大きいが、売掛金が半分も回収されていないのでは商売していると言えないのでは。1年以上も回収していない所もある」と指摘した。

すると源じいは「坊ちゃまには言ってある。女子は商売に口をはさむな。帳面を付けることは頼んだが、帳簿を見ることは頼んでいない」と言った。おしんは加賀屋の大奥様に仕込まれていたので、帳面を見て状況が分かったのだった。今のうちに売掛金を回収しないと、黒字倒産もあり得る状況だったが、源右衛門に口を出すなと言われたので、髪結いの仕事に集中することにした。

別の日の夜、おしんが髪結いを終えて帰宅すると、爺やから「店の取引先の英国人が来ていて、坊ちゃんがおしんさんに茶を立てるよう呼んでいる」と頼んできた。おしんは爺やとともに店に行って茶を立てた。作法は見事で源じいも密かに関心していた。

帰宅後、竜三はおしんのお陰で自分の株も上がった、と感謝を口にした。一方源じいはずっと不機嫌で、おしんは近々この家を出ることを覚悟していた。

そんな中、竜三の父親・大五郎が佐賀から突然上京して来た。

■次回あらすじ

おしん あらすじ 82/83/84話|父・作造の最期

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-おしん

© 2021 名作あらすじ & 感想