漫画

漫画「ひとりでしにたい」書評

2021年6月5日

カレー沢薫子さんの漫画「ひとりでしにたい」を紹介します。

30代半ば・独身で結婚予定のない主人公が、伯母の孤独死を期に、自分の終活ついても考えはじめ、色々知り考えていくという漫画です。随所にギャクが織り込まれているので、重いテーマですがなかなか笑える漫画です。(第24回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を受賞しています)

スポンサーリンク

あらすじ概要

日本では、結婚しない独身者が増え、それ以外にも子どもを持たない夫婦も増えていて、人生の最期が自分ひとりになりそうで、孤独死のニュースがけっして他人ごととは思えない、という方も少なくないと思います。

漫画の主人公・鳴海は美術館で学芸員として働いていて、30代半ばだが結婚する見込みがなく、アイドルの追っかけが生きがいという女性です。その鳴海が、小さいころ憧れだった伯母が無残な孤独死をとげたのを期に、自分の終活や何ができるのかを考えはじめ、色々なことに直面する、という話です。

なぜか鳴海の問題に首を突っ込んでくる職場の若者・那須田とのからみを中心に、主人公と家族(両親や弟夫婦)との関係性や、同年代の同僚の介護の話(きょうだいが全く手伝わず大変)など色々なエピソードの登場と、猫好きの作者によるいろんな猫が各所に登場します。

感想

カレー沢薫さんの作品はこれまで読んだことはなかったのですが、スマホのgoogleのオススメニュースでこの漫画を紹介する記事を読み、興味を持って購入しました。

独身の私には自分に重ねて考えてしまうエピソードが多かったです。

何より、自分も人生の最期についてたまにぼんやりと、どうなるんだろう(どうすればいいのか)と考えることがあるものの、具体策もなく、そういう話題に触れた読みやすい本にこれまで会っていなかったので、この本は自分の興味にヒットしていてとても面白かったことと、

さらに興味深いだけでなく、ところどころに織り込まれたギャクにけっこう笑わされます。日頃あまり積極的に考えたいと思わないテーマだけど、笑える要素があるから思わず読み進めたくなる、というのは上手いなあと思いました。

話題の本は読み終わるとメルカリに出品して手放してしまうことが多いのですが、この本は一度読んで終わりという感じではなく、しばらくそばに置いて読み返したいなあと思うものでした。

 

40代の私には(おそらく)寿命的には終活はまだ先のことではありますが、マンガの後書きにもありましたが、楽しくないテーマについて考えるのは面倒で大変で、年とるとより面倒くさい感が増え考えなくなるから、早いうちに考えた方がいいとあり、そのとおりだと思いました。

今後の展開が面白い感じで続くなら、深夜時間帯でドラマ化したら面白そうな感じです。次号が楽しみ。(3巻まで既刊。)



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-漫画
-

© 2021 名作あらすじ & 感想 Powered by AFFINGER5