おしん

おしんのあらすじ 76/77/78話|おしん働きすぎで倒れる

2021年6月5日

NHK朝ドラ おしんのあらすじ 76話・77話・78話のストーリーです。

おしんは、実家の新築のための送金で働き詰めの毎日を送っていて、ある日カフェで出髪の最中に倒れてしまいました。

■前回のあらすじ

おしんのあらすじ 73/74/75話|おしん結婚を申し込まれる

続きを見る

スポンサーリンク

おしん 76話 脚気で入院する

おしんは出髪で来ていた神田のカフェで倒れてしまった。病院に運び込まれ、即座に入院が必要な容態だった。

女給の染子は、おしんが倒れた事を知らせに竜三の店に行った。竜三をおしんに関わらせたくない爺やは「坊ちゃんはご不在なんです」と対応したが、奥から竜三が出て来て「おしんさんは東京に身寄りがないんだ。放っておくわけには行かない」と言って、母親が止めるのも聞かず出て行ってしまった。

医者によると、おしんは重い心臓脚気にかかっていて、命に関わることもあり、まだ安心できないとのことだった。染子が「伝染病なんですか?」と聞くと、医者は「ビタミンBの欠乏です。ビタミンBを大量に補給すれば治るが、しばらくは絶対安静が必要」と説明した。竜三は自分が付き添うと申し出た。

翌朝、おしんが意識を取り戻すと、傍らに竜三が座っていた。おしんが起き上がろうとすると、竜三が「しゃべることも厳禁、絶対安静が必要、脚気だ」「お染ちゃんたちは商売があるから、私が付添っていたんだ」と説明した。

神田のカフェに、竜三の行方を捜しに爺やが現れた。

しばらくして、おしんは体を起こして食事を取れるようになっていた。竜三は「魚や野菜を食べるといい」「これから気をつけるんだね」と言った。おしんは「迷惑かけてしまって、もう帰って下さい」と言った。

そこに竜三の母親と爺やが乗り込んで来た。竜三の母親は「すぐ帰りなさい」「竜三とあんたは一緒にする訳には行かない。もし一緒になるなら竜三は勘当、田倉商会からも出て行ってもらう」と言い放った。

しかし竜三は「誰がなんと言おうと、おしんさんを一生の伴侶に決める。店を出て行けというならすぐに出て行く」と言った。

母親は怒り心頭で「佐賀へ帰る」と言って去って行った。竜三はおしんに「済まん、嫌な思いさせてしまって。(結婚は)断られてしまったが、あんな風に責められたら自分の気持ちに正直になる他なかった。おしんさんは気にしないで」と言った。

おしん 77話 父作造の来訪

10日ほど入院した後、おしんは無事退院した。入院中、竜三は毎日見舞いに来てくれ、退院の日も迎えに来てくれた。竜三が入院費を払ってくれていたが、おしんは「気持ちはありがたいが、お受けしたら対等の付き合いが出来なくなる」と言った。竜三は「田舎へ送るつもりの金じゃないのか」と言ったが、おしんはきっちり金を渡した。

竜三が店に戻ると、爺やが、金庫から金を持ち出したのでは聞いて来た。竜三は「入院費を払ってあげるつもりだった」と説明した。

爺やは「どうしてもおしんさんが諦められんとですか」と問い詰めた。竜三の父親から来た手紙に、"妾に囲ったらどうか"と書いてあったと伝えた。竜三は「よくもそんな馬鹿なことを!今は明治じゃないしおしんさんはそんな女じゃない」と怒り「入院費は断られた。こっちが惚れているだけだ」と沈んだ。

おしんの実家では家の新築工事が進んでいた。作造はおしんからの送金が遅れていることを心配していて「一ぺん東京に行ってみるか。つまらない男にひっかかっているのかも」と言った。

おしんが、まだ体調上出髪を控え、家で仕立てをしていると、竜三が訪ねて来て「仕事の帰りで、魚の新しいのがあったから買って来た。卵もある」と食材を差し入れてくれた。おしんはお礼を言い、お茶でもと言ったが、竜三は「女性一人の部屋に上がる訳には」と言って断って去ろうとした。

その時、上京して来たおしんの父・作造が現れた。おしんは作造を部屋に通した。

作造が銭の送金が遅れている事について聞くので、おしんは入院していたことを簡単に説明した。作造は「どんな病気か分からないけど、働くことは出来なくても男と付き合う元気があるのか」「田舎の家はお前のうちでもあるんだぞ」と説教してきた。

おしんは突然「もう沢山だ」と思い、「父ちゃん、私、田倉さんの所に嫁に行くかもしれない」と言った。

おしん 78話 結婚の決意

おしんから田倉と結婚したいという事を聞いた作造は、夜にも関わらず竜三の家を訪ねると言って聞かなかった。

竜三の家を訪ねた作造は「おしんが嫁に来るつもりだと言っている。しかしうちにとっても大事な娘だ。髪結いとしてやっと一人前になったんだ。これからは実家ために働いてもらわないといけないんだ。おしんの事諦めて貰いたい」と言った。それに対し竜三の爺やは「家柄が違う。田倉は地主の家だ。小作の娘など貰わない」と言った。作造は怒って出て行ってしまった。

作造は「目を覚ませ。家が建ったら実家に帰って来い。田舎だって髪結いは出来る。母ちゃんの側にいて欲しい」とおしんに言った。

翌日、おしんの部屋に田倉が訪ねて来て、昼飯に誘った。竜三は「本当に私の所に嫁に来てくれるのか?好きな男の所じゃないと嫁には行かないのでは?」と聞いた。

おしんは「入院している時、結婚を反対するお母さんに、田倉さんが"勘当されても自分の思い通りする"と言っていたことに胸が一杯になって‥あんなに嬉しかった事はない」「父親から、家や兄ちゃんのために働けって言われて田倉さんのことも反対された時、田倉さんが私にとってどんなに大事だって分かったんです。7つの時から家のために働き続けた、もう沢山です」

竜三が「じゃあ私と一緒になってくれるのか?」と聞くと、おしんは「一緒になれない事は分かった、ただ気持ちを聞いて欲しかった。胸のつかえがとれた」と言った。

竜三は「店を追い出されたらおしんさんに苦労をかける事になる。それを思ったら無理におしんさんに来てくれとは言えないが、店を取り上げられたら裸一貫で出直せばいい。精一杯働いて見せる。おしんさんと二人なら何も怖くない」と言った。おしんも「私も髪結いできるから」「田舎の家建てるお金は働いて送るから、それまで待ってもらえるか」と言った。

二人は周囲の反対を振り切り決心した。おしんは21才、大正10年の春だった。

■次回あらすじ

おしん あらすじ 79/80/81話|田倉商店での新婚生活がはじまる

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-おしん

© 2021 名作あらすじ & 感想 Powered by AFFINGER5