絵本・写真集

絵本ピーターラビットのあらすじ・新訳版

2022年4月30日

絵本「ピーターラビット」原作の各話あらすじをまとめました。展示会やおすすめグッツ、関連映画も紹介します。

「ピーターラビット」は英国のビアトリクス・ポター作の絵本で、シリーズ累計発行部数2億5000万部を超える名作です。

全23巻には、うさぎのピーターと仲間の動物たちの物語が描かれていて、イギリス・湖水地方の風景が美しく、大人も楽しめる作品です。

ピーターラビットあらすじ

日本では、今年出版120年記念して川上未映子さん訳の新装版が刊行されました。以下に各話のあらすじと感想をまとめました。

(引用部分のあらすじはamazon商品紹介、青字は付け足した結末と感想でネタバレになっています。イラストはパブリックドメインのものです。)

1話 ピーターラビットのおはなし

いたずらっ子のピーターはお母さんの言いつけをやぶり、マグレガーさんの畑にしのびこみました。おなかいっぱい野菜を食べて、やりたいほうだい。すると、マグレガーさんに見つかってしまいました! ピーターとマグレガーさんの追いかけっこのはじまりです!

→結局ピーターはなんとか逃げ切りますが、その夜は疲れて寝込んでしまいました。

 1話 感想

うさぎというと可愛い生き物のイメージがありますが、イギリスの農家にとっては畑を荒らすじゃまものなのですね!マグレガーおじさんとの攻防戦はヒヤヒヤものでした。ピーターが小屋のじょうろの中に隠れていて耳だけ出ている様子がめちゃかわいいです。

ピーターのお父さんはマクレガーおじさんに捕まってパイにされてしまった過去があります。ピーターの青いジャケットはお父さんの形見だそうです。

2話 赤りすナトキンのおはなし

赤りすのナトキンと仲間たちは、木の実をとりに島にやってきました。仲間のりすは、島の主であるブラウン爺さまにおみやげをわたします。しかし、ナトキンは爺さまになぞなぞを出してからかってばかり。しびれを切らした爺さまは、ナトキンをつかまえて――?

→怖いもの知らずのナトキンはいつもふざけてばかりで、最後にふくろうのお爺さんに捕らえられてしまいました。

ふくろうのお爺さんは、家の中でナトキンの皮をはごうとしましたが、ナトキンは暴れて逃げて、その時ししっぽがちぎれてしまいました。

 2話 感想

ピーター同様やんちゃな主役で、結末がえぐくて結構びっくりでしたが、調べたところ、リスは天敵などに襲われた時にしっぽが取れるようにできているらしいです!

リス達が小さい筏で湖を渡っている様子がとてもカワイイです。また、ふくろうのお爺さんの雰囲気がすごい良く出ているのと、ナトキンの踊りのポーズが良く見るとかなり笑えます。

2巻に登場するのは、リスとふくろうだけで、動物の茶色と背景の木々の緑色が中心の絵ばかりなのですが、色が少ないことでかえって、「すごい絵が上手い!!」と思わされます。さすが生物学者志望だけあって、生き物たち1種1種が、どのような動きをするかを知った上での絵と物語だと思いました。木も一本一本とても美しい。

あと冒頭に「しっぽのおはなし、」というフレーズがありますが、おそらく原文では「tale of tail」とかで、ことば遊びなんだろうなと思いました。とにかくとてもかわいい巻で気に入りました。

3話  グロスターの仕たて屋

昔、グロスターにまずしい仕たて屋の男がいました。クリスマスがせまる夜、男は高熱で寝こんでしまいます。クリスマスの朝には上着を仕たてあげなければならないのに。それを見ていたねずみたちは、上着作りにとりかかります。クリスマスに起きた奇跡の物語。

4話 ベンジャミン・バニーのおはなし

ピーターは元気がありません。上着とくつをマグレガーおじさんの畑で落としてしまったのです。ピーターをはげます、いとこのベンジャミン。一緒にとりもどしにいこう! 『ピーターラビットのおはなし』につづく大冒険。

5話 2ひきのわるいねずみのおはなし

2ひきのねずみが、きれいなお家に忍びこみました。食卓にはごちそうが並んでいます。いただきます! ところが、2ひきは食べられませんでした。いったいなにがおきたのでしょう? 小さな小さな世界が楽しいお話。

こねこのトムのおはなし

トム、モペット、ミトンは、やんちゃなこねこのきょうだい。ある日、お母さんがお客をまねくため、3びきは特別な服を着ることに。「よごさないでね」といわれたのに、こねこたちったら庭で大はしゃぎ! 背景の花々も愛らしいお話。

ひげねずみサミュエルのおはなし

トム、モペット、ミトンは、元気なこねこ。でもモペットとミトンがおびえています。何かこわいものを見たそうです。そのころ屋根裏のトムの前には、大きな大きなねずみが2ひき。なんと、トムを食べようと、おそいかかってきました!

ピーターラビット 全巻セット

現在、新訳版の特典付き全巻セットが発売中で、紀伊国屋書店ウェブストアなどで取り扱いがあります。表紙のイラストには金色の縁取りが施されているなど、高級感のあるつくりになっています。

ピーターラビット全巻セット(紀伊国屋書店ウェブストア)

■特典1:全巻収納BOX
■特典2:「ピーターラビットのおはなし」英語小冊子

特典付きセットの申し込み締め切り:2022年9月4日

各巻は2024年3月まで順次配本されます。(現在1-5巻が刊行済)

 今後刊行予定の新装版のタイトル
⑥はりねずみティギーのおはなし
⑦かえるのジェレミーのおはなし
⑨あひるのジマイマのおはなし
⑩フロプシーのこどもたち

⑪ちっちゃなねずみふじんのおはなし
⑫つまさきティミーのおはなし
⑬まちねずみジョニーのおはなし
⑭きつねのトッドのおはなし

⑮こぶたのブランドのおはなし
⑰パイがふたつあったおはなし
⑱ジンジャーとピクルスのおはなし
⑲こぶたのロビンソンのおはなし

⑳いじのわるいうさぎのおはなし
㉑モペットちゃんのおはなし
㉒アプリイ・ダプリイのわらべうた
㉓セシリ・パセリのわらべうた

ピーターラビット関連情報

ピーターラビットの展示会やおすすめグッツ、映画を紹介します。

ピーターラビット展

2022年は120年イヤーということで、日本でもイベントや美術展が開催されていて、私も東京の世田谷美術館のピーターラビット展に行って来ました。

展示会では、絵本の原画をはじめ、作者の生い立ちや絵本を出版するまでのことも知れて、スケッチや初版本など様々なものを見れて面白かったです。

当たり前ですが作者のスケッチが上手くてすごいなあと思います。客層は、平日だったからか年配の女性が多かったです。

東京展・大阪展は終了し、静岡展が9月~開催中です

グッツ

さすが有名作品なので多くのグッツが販売されています。amazonで購入可能でわたしも気になるものを紹介します。

アヒルのジマイマのぬいぐるみです。雛人形で有名な吉徳製なので品質は安心! もちろんピーターや他のキャラクターたちのぬいぐるみも揃っています。

ポストカードの100枚セットです。たくさんの素敵な絵が入ってます!amazonで5500円で販売されています。

こちらはレスポートサックのポーチです。実用的でピーター好きの方へのプレゼントとしても良いですね。

映画情報

ミス・ポター

映画「ミス・ポター」では、絵本の原作者・ビアトリクスポターの生涯と、ピーターラビットが出来るまでのことを知れます。下記記事に、映画のお得な視聴方法をまとめました。

映画「ミス・ポター」を見れる動画配信サイト

続きを見る

「ピーターラビットⅠ」「ピーターラビットⅡ」

2018年、2021年に放映された実写版・ピーターラビットⅠ、ピーターラビットⅡは、現在下記サービスで視聴可能です。

amazonはアマゾンプライム会員登録になれば無料期間中は0円で、U-nextも付与されるポイントを視聴料金に充てて初月は実質0円で視聴できます。

月額料金が無料になる期間ホームページ
Amazonプライム

初回30日間公式サイト
U-Next
初回31日間公式サイト

※本ページの情報は2022月8月時点のものです。最新の配信状況は各サービスのサイトにてご確認ください

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

-絵本・写真集