日本のドラマ

「ドラゴン桜2」1話あらすじ

ドラマ「ドラゴン桜」パート2・第1話のあらすじです。

かつて龍山高校の立て直しを行った弁護士・桜木健二が、龍海学園立て直しのため生徒を東大合格に導く物語です。パート1でも登場した長澤まさみさん演じる水野直美は、弁護士となって桜木の片腕として活躍します。

<出演者>桜木健二(阿部寛)、水野直美(長澤まさみ)、岩崎楓(平手友梨奈)、瀬戸輝(髙橋海人)、天野晃一郎(加藤清史郎)、高原(及川光博)、龍野久美子(江口のりこ)、奥田(山崎銀之丞)、小林麻紀(サエコ)他

スポンサーリンク

ドラゴン桜2<1話> 経営難の龍海学園

千葉県の海沿いに校舎を構える龍海学園は、偏差値低下と入学者の定員割れが著しく、教員のリストラを行うなど経営に行き詰っていた。

教頭の高原(及川光博)は、職員を集めた会議で、かつて龍山高校を立て直した弁護士・桜木健二(阿部寛)を招いて進学校化&東大合格者輩出を目指し、経営改善する案を提案した。

理事長の龍野久美子(江口のりこ)は大反対し認めなかったが、会議の場に、桜木の代理として水野直美(長澤まさみ)が現れた。(水野は桜木率いる特進クラスの生徒で、現在は弁護士になっていた)

職員の過半数が案に賛成だったため、本件は理事会の議決にかけられることになった。

肝心の桜木はというと、ここ2年仕事の依頼を受けず、姿をくらましていた。

直美は龍山高校の元後輩の手を借り桜木の居場所を探し当て、北陸の安アパートで荒れた暮らしをしている桜木を説得し東京に連れ戻した。

桜木は龍海学園の進学校化に関わることに後ろ向きで、水野がメインとして取り組むことを条件にした。

ドラゴン桜2<1話> 龍海学園に桜木現る

龍海学園の理事会で、進学校化のプランについて議決が取られた。理事会のメンバーには元理事長で現理事長の父・龍野恭二郎(木場勝己)も居たが、娘・久美子とは異なり進学校化に賛成し桜木のことを好意的に捉えていた。

当初反対派が過半数と思われていたが、理事長派の校長・奥田(山崎銀之丞)がなぜか寝がえり、進学校化のプランが実行されることになった。教頭は今年度東大合格者数5人を目標として挙げた。

 

朝、龍海学園の生徒・岩崎楓(平手友梨奈)が、登校途中のコンビニで菓子をを万引きしていて、桜木は偶然その場に居合わせた。

その日、全校集会で水野が東大クラスの開設を発表したが、生徒たちはおしゃべりやスマホに夢中でろくに話を聞いておらず、反応がなかった。

すると次に壇上に上がった桜木は「見るからにグズでのろまでボケーとした日々を送っている。バカばっかりで無気力‥。お前らに東大に行く価値はない」と暴言を吐いた。進学校化を進める立場とは全く逆の言動に水野や理事長、職員たちはあ然とした。

ドラゴン桜2<1話> 龍海学園の生徒達

岩崎楓はバトミントン部のエースで全国的に有名な選手だったが、不調な様子も見せていた。また万引き現場を桜木に見られたことを気に病み、瀬戸輝(髙橋海人)に相談していた。

集会の話で東大専科に興味を持った生徒・天野晃一郎(加藤清史郎)は、海辺で釣りをしている桜木を見かけ色々質問をしたが、桜木は突然天野を海に突き落とす暴挙に出た。

誰も来ない東大専科の教室にいた水野の前に、不良風の男子生徒2人が現れ、東大専科への参加を志願した。

楓の友人・瀬戸輝は、学業の傍ら、事故で他界した両親が遺したラーメン店を姉と共に切り盛りしていた。

ドラゴン桜2<1話>

桜木は2年前、経営再建に関わっていた高校の生徒が、東大に落ちて自傷騒動を起こし(一命はとりとめた)、それが週刊誌に書き立てられ桜木は弁護士事務所も畳んで、それ以来仕事から遠ざかっていたのだった。直美は人が変わってしまった桜木を心配していた。

東大専科への参加を志望した不良風の生徒たちが「見た目から変わるため髪の毛を刈って欲しい」と言うので、水野は派手な髪を丸刈りにしてやった。

しかし、不良風の男子生徒は、その際撮影した動画を、水野が丸刈りを強制したとしてweb上にアップしていた。水野は理事長や職員たちから信頼を失い、理事会で取り上げると言われてしまった。

不良生徒たちがさらに、水野に頭を下げるよう強要し動画撮影していたので、桜木は2人の腕を掴み懲らしめようとした。しかし生徒達は逃げ、挙句の果てに桜木を海に突き落とし去って行った。

桜木は諦めず不良2人の居場所を突き止め、鉄パイプを持って現れ、不良たちがバイクに二人乗りで逃げて行ったあとを、残されたバイクで猛スピードで追いかけた。不良達が学園内に逃げ込んだので、桜木はバイクで校内に突入し、行き止まりまで追い詰めパイプを振り下ろし威嚇して懲らしめた。不良達は土下座して水野に謝罪した。

この後、晃一郎が東大専科への参加を申し出た。(以前海に突き落とされたのは、その後桜木も海に飛び込みちゃんと助けたという後日談があった)

その夜、不良達と瀬戸輝が会っていた。不良達の悪事を裏で糸を引いていたのは、輝だった。

ドラゴン桜2<1話> 感想

・面白かったですが、雰囲気がパート1と違う感じで、日曜劇場らしさというか、憎しみとか悪が描かれている感じがした。若干激しめで社会派な感じになっている気がしました。(ネット記事でも半沢直樹風と書かれていた)

・理事長の名前「久美子」は大塚家具から来ているのかしら?(父娘対立で娘の代で経営悪化っていうシチュエーションンがだぶった)

■次回あらすじ

「ドラゴン桜2」2話あらすじ

続きを見る

「ドラゴン桜」 パート1 記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-日本のドラマ

© 2021 名作あらすじ & 感想