漫画

ちばてつや「ひねもすのたり日記」|あしたのジョーの漫画家の半生記!

2021年7月31日

ちばてつやさんのエッセイ漫画「ひねもすのたり日記」を紹介します。

ちばてつやさんは「明日のジョー」などで有名な巨匠漫画家で、80代にして連載中のエッセイ漫画・ひねもすのたり日記が人気です。ファンでなくとも興味深く面白い漫画なので、簡単な内容と感想を紹介します。

スポンサーリンク

ひねもすのたり日記 かんたんな内容

「ひねもすのたり日記」は現在4巻まで発行されていて、各巻の内容は下記の通りです。

・1巻:幼少期の思い出(戦時下の満州・奉天(現在の瀋陽)での暮らしと、敗戦後の引き揚げの様子)

・2巻:小学生~高校生で漫画家デビューするまでのこと(千葉の祖母の家でのこと、漫画好きの親友・木内くんとの出会いや、母に隠れて漫画を描いた思い出、何をやっても不器用な学生時代のエピソード)

・3巻:漫画家デビューして間もない頃の話(少女漫画家としての苦労、家に籠りきりで精神不調をきたしたが、運動で体調が劇的に良くなった話)

・4巻:練馬区に引っ越した後の全盛期の様子~現在までのこと(沢山のアシスタントさんと共に活動)

また上記以外にも80代の現在の日々についても書かれています。(巨匠漫画家仲間との交流、両親や弟のエピソード、病院での出来事や、学長を務める芸術大学での話)

 

この漫画を手に取ったきっかけは、このブログでも紹介している「大地の子」を読んで、満州開拓民のことを詳しく知って、満州引き揚げのエピソードが書かれているという「ひねもすのたり日記」をに興味を持ちました。(「東洋経済」のwebサイトで漫画が紹介されてました)

1939年生まれのちばさんは、生まれて間もなく親の仕事の都合で満州に渡り(父親は印刷会社勤め)、そののち弟3人が生まれ、敗戦を迎えた時には6人家族でした。

敗戦後、満州では日本人は一転して迫害される立場になり、内戦も行われる中、千葉さん一家は逃げ隠れながら歩き続け、翌年の夏に引揚げ船の出る葫蘆島港に辿り着いて、家族1人欠けることなく日本への帰国を果たします。

1巻ではその間の様々なエピソードが描かれてます。(ペットの鶏のピヨちゃんを鍋にされてしまった話や、道すがら父親の親友の中国人が匿ってくれたこと、屋根裏に潜伏している時、弟たちに物語の絵を描いて楽しませたこと、日本の父の実家に辿り着いた時の祖母の反応など)

ひねもすのたり日記 感想

ちばさんは引き揚げ当時まだ6才で、皆で旅をしているみたいで楽しさも感じていたらしく、漫画の内容は楽しさがあって読み進めやすいです。それでも、現代からは想像できない道のりを経て来たのだなと思いました。皆が帰って来た時の、お祖母ちゃんの大感激がひしひしと伝わって来ました。

ちばさんの漫画は少年向けが多く世代も少し上なので読んだことがなかったのですが、この「ひねもすのたり日記」はファンかどうかに関係なく楽しめる漫画だと思います。

内容の他にも、登場人物の書き分けや表情の豊かさ(生き生きしていて魅力的)、細かい背景や風景の描写などが格段に上手いことも印象的でした。(最近、内容は面白くても絵はすごい簡素な作品があったりするので、画力の格段の違いを感じました。さすが巨匠漫画家)家族愛も伝わってきて、なぜだか何度も読み返してしまう面白さがあります。

また2巻以降では日本帰国後のことが書かれていて、少年時代の千葉さんがのんびり屋で少しのび太っぽい感じなのが意外で親しみが持て、すごい実績の方なのに全然えらぶった感じがないんだなと思いました。

全巻通して言えるのは、千葉さんのお母さんの肝っ玉母ちゃんっぷりです。満州で港目指して歩いているとき爆撃の中、日本での生活に備えて千葉さんに九九を唱えさせようとしたり、晩年も千葉さんの作品を検閲?していたなど‥

この漫画は現在もビックコミックで連載中で、毎号数ページですが、それでも80代で漫画を描き続けて皆を楽しませることがすごいと思います。ぜひ一度読んでみて欲しいおすすめの本です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-漫画

© 2021 名作あらすじ & 感想 Powered by AFFINGER5