漫画・絵本

ちばてつや「ひねもすのたり日記」|あしたのジョーの漫画家の半生記!

2021年7月31日

ちばてつやさんのエッセイ漫画「ひねもすのたり日記」を紹介します。ちばてつやさんは”明日のジョー”で有名な巨匠漫画家で、「ひねもすのたり日記」は、80代のいま連載中のエッセイ漫画です。

読んでみてとても面白かったので簡単な内容と感想を紹介します。(NHKの朝ドラにしたら良いのではと思っています)

ひねもすのたり日記 あらすじ

「ひねもすのたり日記」は現在4刊まで刊行されていて、おおまかな内容は下記の通りです。

1巻 満州引き揚げ

戦前生まれのちばさんは、生まれて間もなく家族で満州に渡り、父親が働く印刷会社の社宅で暮らしていました。そのうち弟が3人生まれ6人家族になりました。

1945年8月、満州で敗戦を迎えると、日本人は一転して追われる立場になります。内戦が行われる中、一家は会社の社宅の人々とともに、逃げ隠れながら港を目指し歩き続けました。(食べ物にありつけず空腹が続き、極寒の中野外で夜を過ごし、力尽きる人も続出)

翌年の夏、ちばさん達は引揚げ船の出る葫蘆島(ころとう)港に辿り着き、奇跡的に家族全員での日本への帰国を果たします。

1巻は、6才前後の頃のちばさんの体験が中心の話で、食料難でペットの鶏のピヨちゃんを鍋にされてしまった話や、逃避行の中、父親の親友の中国人・徐さんが匿ってくれたこと、屋根裏に潜伏している間、弟達に物語の絵を描いて楽しませたことなどが描かれています。

■感想:1巻のラストで無事帰国を果たしますが、ちばさんが今でも鮮明に覚えている、お祖母さんとの対面の様子がしみいるものがあり、こちらも嬉しくなりもらい泣きしてしまいました。

2巻 漫画好きな少年時代

2巻は、小学校入学から高校生で漫画家デビューするまでのことが描かれています。

引き揚げ後、ちばさん一家は、千葉の海辺の祖母の家で1年間暮らした後、東京の下町に引っ越します。

東京の小学校では、漫画好きで家がお寺の少年・木内くんと出会って親友になり、放課後は木内君の家で漫画を読んだり描いたりの日々を送りました。

母親が漫画が嫌いだったため、ちばさんは隠れて漫画を描き続け、やがて高校生になり初めて貸し漫画の漫画を描いてお金を得る経験をします。

それまで色々なアルバイトに挑戦するものの、失敗だらけだったので、漫画でお金を得られたことが天にも昇る気持ちだったということが描かれています。

また、先に他界してしまった弟・あきおさんのエピソードも描かれています。

■感想:少年時代の千葉さんが、のんびり屋で少しのび太っぽい感じなのが親しみが持て、巨匠なのに全然偉ぶった感じがないんだなと思いました。てつや少年が漫画ではじめてお金を得た話は、爽快感があって、嬉しさがとても伝わって来ました。

また、お母さんの肝っ玉母ちゃんぷりが圧巻です。満州で爆撃をよけながら、日本での生活に備えて千葉さんに九九を唱えさせたり(そのおかげで帰国後入った学校で先生に褒められた)、晩年も千葉さんの作品を検閲?していたなどのエピソードが面白かったです。

3巻 漫画家デビュー

3巻では、ちばさんが漫画家デビューして間もない頃の話が描かれています。

アシスタントとしての時期を経て、連載を持つようになりますが、当時少年漫画に空きがなく、ちばさんは少女漫画家として活動するようになりました。男4人きょうだいで育ったちばさんは少女漫画で好まれる展開(悲しい展開だったりいじめられても耐える)が理解できず、ストーリー作りに苦労していたそうです。

インドア派だったので漫画家生活は快適だったのですが、日にも当たらず家に籠りきりの日々が続いた上、少女漫画のストーリーの難しさに悩んだ結果、精神不調をきたし、一度は漫画家をやめようと決意するまでになってしまいました。

しかし、初めて少年漫画の連載の話(「ちかいの魔球」)をもらい、担当編集者に促されて野球を理解するためにキャッチボールをしたことで一気に精神不調のモヤが晴れ、元気を取り戻します。(精神不調の原因は極端な運動不足だと分かり、それ以来運動好きになる)

■感想:少女漫画で主人公がいじめられる筋書に腹が立って、編集者と決めていたあらすじとは違う筋書きにしてしまい(主人公の少女がいじめっ子に反撃してとっちめる)、それが却って好評で沢山のファンレターが届いた、というエピソードがとても面白かったです。

ちばさんの描く女の子がとてもかわいくて素敵なのは、少女漫画家時代を経ていたからなのだと分かりました。

4巻 全盛期

4巻では、練馬区に引っ越した後の、漫画家として全盛期の様子から現在までのことが書かれています。

人気漫画家になったちばさんは、沢山のアシスタントさんと共に漫画を制作するようになります。

 

その他どの巻にも、数々の巨匠漫画家仲間(石ノ森章太郎、赤塚不二夫、さいとうたかを等)との交流や、現在通っている病院での出来事や、学長を務める芸術大学での話なども書かれていて、最近のちば先生の生活が分かります。

ひねもすのたり日記 感想

この漫画を手に取ったきっかけは、このブログでも紹介している「大地の子」で、満州開拓民のことを詳しく知って、満州引き揚げのエピソードが書かれているという「ひねもすのたり日記」をに興味を持ちました。

ちばさんは引き揚げ当時まだ6才で、旅をしているみたいで楽しさもあったということから、漫画の内容は楽しさがあって読み進めやすいです。それでも、現代からは想像できない道のりを経て来たのだなと感じさせられます。

ちばさんの漫画は少年向け中心で世代も少し上なので、今まで一度も読んだことがなかったのですが、この「ひねもすのたり日記」はファンかどうかに関係なく楽しめる漫画です。

内容以外にも、登場人物の書き分けや、表情が豊かで生き生きしていて魅力的だったり、細かい背景や風景の描写などが格段に上手いことも印象的でした。

(最近の漫画には、内容は面白くても絵はすごい簡素という作品もあったりするので、画力の格段の違いを感じました)

家族愛も伝わってきて暖かい気持ちになれて、なぜだか何度も読み返してしまう面白さがあります。

この漫画は現在もビックコミックで連載中で、毎号数ページですが、それでも80代で漫画を描き続けて皆を楽しませることがすごいと思います。ぜひ一度読んでみて欲しいです。

 

↓こちらは、「ひねもすのたり日記」より前に描かれた読み切り自伝漫画を集めた短編集で、こちらも読みごたえがあって面白かったです。

お屋敷に缶詰にされての執筆時に、悪ふざけが原因で大怪我を負ってしまった時のエピソードや、「明日のジョー」の有名なラストシーンが生まれた時のこと、「のたり松太郎」誕生秘話などが描かれています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

-漫画・絵本