おしんのあらすじ 52/53/54話|髪結いの修行が続く

NHK朝ドラ おしんのあらすじを1話ごとに詳しく紹介します。今回は 52話53話54話のストーリーです。16才のおしんの、浅草の髪結い店・長谷川で下働きの日々が続きます。

出演者:田中裕子(おしん)、渡辺美佐子(長谷川たか)、田中世津子(豊/弟子)、真野ゆうこ(その/弟子)、木瓜みらい(袖/弟子)、島村美妃(けい/弟子)、富沢美智江(夏/弟子)、名川忍(律/弟子)

■前の回のあらすじ

 

スポンサーリンク

おしん 52話 正式に弟子入りが認められる

朝、おしんは仕立て上げた着物と、自発的に行っていた食材買い出しの記録簿を姉弟子のお袖に渡した。

師匠は着物の出来と記録簿を見て、おしんを呼び、労い「あんた学校は?字や針をどこで習ったのか」と聞いた。おしんは「酒田の米問屋の奉公先で習った」と答えた。師匠は「どうして辞めたんだい?今になって髪結いをしなくてもいくらでも身を立てられるのでは。わざわざ苦労して髪結いになるのか」と聞いた。

おしんは「どんなことをしても髪結いになりたい」と言った。師匠は「やる気さえあればそれでいい」「手先が器用だ。この一月、良く働いた。あんたさえその気になればうちに居ていいよ」と正式な弟子入りを認めた。おしんは喜び頭を下げた。

その夜、おしんは故郷の母に初めて手紙を書いた。

おしんの手紙は、近所のおりきさん宛てに送られ、おりきさんがおしんの母・ふじに手紙の事を知らせ、作造や庄治が戻ってこないうちに家で手紙を読んでもらった。(作造はまだおしんの行先を知らない)手紙は、無事髪結いの店に弟子入りできることになった事、銭が送れるようになったら送る、母の健康を気遣う内容だった。

戻って来た庄治は、「早く飯の支度をしろ」と命令口調の言葉をふじに吐いた。庄治は「年貢を納めたらまた米を借りないといけないんだぞ。世界大戦てのが始まって米の値段は上がるけど俺たち小作は何の得にもならない」「父さんや俺が苦労している時におしんを逃そうとして…」と愚痴った。

おしんは「故郷に帰るときはうんと金を持って行かないと敷居を跨げない」と思っていた。

おしん 53話 姉弟子の退職騒動

時が過ぎ、大晦日を迎えた。

朝、突然、師匠がおしんに梳き手をやってもらうと皆に言った。おしんは「とてもまだ。来たばかりで、お律ちゃん差し置いて…」と遠慮したが、師匠は「この世界は腕がものを言うするんだ。梳き手もそれ相応の年にならないと出来ないんだ。13じゃできなくても16にもなったら梳き手くらい出来ないと」と言った。

客が次々と来店し、店はてんてこ舞いで、その日は徹夜、元日の昼間まで食事をする暇もない忙しさだった。店を閉めても正月という気分ではなかった。おしんはのんびりしていられず雑煮の支度を行った。お律が「強いのねー、おしん姉さんは」と感心した。

その日、たかが客から貰ったご祝儀を全員に配った。1円札が1枚入っていて、額は少なかったが、おしんは弟子として認められ髪結いとして得た金が嬉しかった。

しかしすぐに忙しい日々が始まった。

そんなある日、梳き手の夏とけいが辞めると言い出し騒ぎになっていた。師匠は「止めない。他でもやって行ける」と言った。二人が辞めると言い出したのは、おしんがいきなり梳き手になったことが気に食わないという理由だった。

部屋の外で話を聞いていたおしんは部屋に入り「私は下働きでいいから、お夏姉さんもおけい姉さんも辞めないで下さい」と頼んだ。姉弟子のお豊も「そんなつまらないことで辞めるなんて!お師匠さんも、今度の事はなかったことにして…」と話を強引にまとめた。

皆が去った後、おしんは「お師匠さんの気持ちはありがたいと思ってます。でも…」と師匠に言った。たかは「あんたは意気地がないね。人を押しのけてものし上がろうていう根性がないと、この世界では一人前になれないんだ」「その気がなきゃしょうがない。ゆっくりやるんだね」と言い、それから二度と、おしんに髪を触らせようとしなかった。しかしおしんに後悔はなかった。

おしん 54話 小夜の逝去の報せ

時が二年経ち、おしんは相変わらず下働きで、18才になっていた。おしんも、いつまでこんな日が続くのか、と焦りを感じる時もあった。

師匠が出髪に出ていたある日、初めて現れた客が洋髪のリクエストをした。姉弟子が「洋髪をしていない」と断ると、客は不満げに店を出て行った。その様子を見た常連客達が「このところ洋髪にする人が増えていると」と話していた。おしんは「日本髪が無くなる時が来るのだろうか」と不安に思っていた。

おしん宛ての郵便物が届いた。母からのもので(おりきさんの代筆)、酒田の加賀屋のお小夜様が肺炎で亡くなったとの報せだった。

おしんは師匠に頼み込み、必要な金を用立てようとした。すると師匠は「私の気持ちだ」と返さなくていいと言い金を渡し、酒田行きを快諾した。

おしんは2年振りに酒田を訪れ、大奥様も若奥様もおしんの来訪を喜んだ。おしんは髪結いの修行をしていることを伝えた。若奥様は弱っていて「東京に居るなら加代のこと何か?」と聞き、「おしん、このままうちにいてくれ。おしんは娘と同じだ」と泣きついた。

大奥様はおしんと二人になると、「あの頃は良かったなあ。長生きはするもんじゃない」と言い、富山の米騒動の話をした。大奥様は「戦争景気で物の値段がどんどん上がり、富山の漁師の女房達が米をもっと安く売れと言って騒ぎを起こした。米を買い占めれば、寝てる間に大儲けだ。米問屋なんて後生のいい商売じゃない。お小夜がああなったのもそんな事の報いかもしれない」と話した。

大奥様はおしんに「人の幸せは物や銭ではない。いくら加賀屋の信頼が出来ても、加代も小夜もどうすることはできない。銭に頼る幸せは儚いものだ。肝心なのは悔いのない生き方をすることだ。もし加代がそういう生き方をしてるなら喜んで諦める。もしも加代に会うようなことがあったら、おれがそう言ってたって話してけろ。もし辛い思いをしていたら何とか力になってけろ」と話した。

おしんが東京へ戻る汽車に乗り、上野駅前に着いた時、人々の「米騒動だ!」「日比谷に集まっている」というただならない声が聞こえた。

■次の回のあらすじ

おしんまとめトップページ