おしん

おしんのあらすじ 43/44/45話|加賀屋での勤めを終え故郷に帰る

NHK朝ドラ おしんのあらすじ 43話・44話・45話 のストーリーです。

加賀屋のお嬢様・加代はおしん宛ての手紙を勝手に開封し、家出して浩太について行ってしまいました。一方おしんは、加代のことを隠しておくのが辛く、縁談も破談にしてしまったので、加賀屋をやめることを決意します。

出演者:田中裕子(おしん)、東てる美(お加代様・加賀屋の長女)、渡瀬恒彦(並木浩太)、長岡輝子(加賀屋の大奥様)、小林千登勢(加賀屋の若奥様)、石田太郎((加賀屋の主人)、大塚ちか子((加賀屋の次女)、泉ピン子(おしん母)、伊東四朗(おしん父)、千野弘美(おしんの長姉)、吉岡祐一(おしん兄) 他

■前回あらすじ

おしんのあらすじ 40/41/42話|おしんの初恋・浩太は農民運動の活動家

続きを見る

スポンサーリンク

おしん 43話 加代の失踪

おしんは加代を探し周ったが、見つからなかった。

家に戻ると、若奥様が加代の置き手紙を見せた。"考える所があり家を出る。探さないで下さい"という内容でだった。その後おしんは駅にも探し行った。

駅員は、女が上野行きの切符を買った事、連れかは分からないが若い男も上野行の切符を買った、と教えてくれた。

上野行の汽車の中、加代は浩太に「東京の知り合いに下宿先を探してもらって働くつもり。あなたには迷惑かけない。ただ、あなたが居るから東京に行く決心をした事を忘れないで下さい」と話した。

若奥様は、加代の部屋の荷物が持ち出されていることを確認し、大奥様にも加代が家を出たことを打ち明けた。

おしんは大奥様に「加代に男はいなかったか?」と聞かれ、おしんは聞いていないと答えた。すると大奥様は「ならば大騒ぎする事ない。持って行った金がなくなったらすぐ帰ってくる。苦労を知らないから帰って来るより他はない」と言った。

浩太のことを加賀屋の人々に隠すことはおしんにとって辛かった。おしんは便りを待ったが、10日経っても浩太からも加代からも何の音沙汰もなかった。

そんな中、桜木家から、菖蒲を見る会の手伝いにおしんを寄こして欲しいとの声がかかった。

おしんは桜木家の庭で客相手に茶を立てた。庭で片付けをしている時、婚約者の桜木が酔った様子で現れ、おしんの手を握って抱き着いて来た。おしんは嫌でたまらず、桜木を突き離し池に落としてしまった。

おしんはその場を逃げ、母ふじの働く米の倉庫に行った。

おしんが加賀屋に戻ると、大奥様がおしんに「どんな了見だ。先方から婚礼を取り消す連絡が来た」と知らせた。謝りに行けという大奥様に、おしんは「詫びるつもりはない」と答えた。

おしん 44話 縁談を断り加賀屋を去る

大奥様は「二度とこんないい縁談は来ない。謝れば分かってくれる」と諭したが、おしんは「嫁に行くつもりはない」と言って謝った。

大奥様は「今になって!なぜ初めに断らなかった。お前のため思ってるんだぞ。加代といいお前といい、若い者の気持ちはわからなくなった」と嘆いた。おしんは「長い事可愛がって頂いたが、お暇を頂きたいと思う。こんなご迷惑かけてしまって…」と言った。大奥様は「他に好きな男が居るのか」と聞いた。おしんは無言だった。

おしんが荷造りをしている時、母・ふじが訪ねて来た。大奥様に呼ばれて来たという。ふじは「考え直したらどうか。お加代様が家を出た事も聞いた。こんな時に…」と説得しようとした。

おしんは「好きな人と一緒になれるなんて思ってない。でも他の男と結婚できない。良く解った。桜木さんに手を握られた時、総毛立って指一本でも触られるのが嫌だったんだ。こんな事じゃとても嫁には行けない」と話した。

母は理解を示しつつも「もう少し加賀屋さんに置いてもらえれば」と言ったが、おしんは「お加代様はおれの好きな人と逃げたんだ。でもそれだけは死んでも言えない。そんな秘密を胸にしまって毎日大奥様と若奥さまの顔を見るのは地獄だ。だから加賀屋を辞めてお加代様の事も忘れたい」と懇願した。

おしんは本当に加賀屋を去ることになった。おしんは「自分のわがままで破談にしてしまい申し訳ない」と謝った。主人はこれまでの働きを労ってくれ、加代の妹・小夜も淋しがった。大奥様は「これから何かあったらいつでも来い」と言って、餞別の金を渡した。固辞するおしんに、大奥様は「少しの金を持ってないと。次の奉公口が決まるまで実家で大きな顔していられる」と言った。

おしんは酒田を発つ前、母親に顔を合わせた。おしんはまた働いて母を楽させることを決意し、実家に戻った。

おしん 45話 おしん故郷に帰る

加賀屋での奉公を終えたおしんは、8年振りに故郷に戻った。家の前で父・作造に再会したが、作造は成長した娘に初め気づかなかった。

おしんは作造に、縁談話がなくなった事を伝えた。作造は一瞬狼狽したものの、「嫁入りしてもこきつかわれるだけで、奉公して働いた方が銭が入る。うちは借金でまだ大変だ、おしんの仕送りだけが頼りだ」と怒りはしなかった。

おしんは外出から戻って来た兄・庄治とも再会したが、庄治は長姉・はるを背負っていた。はるは製糸工場の過労で肺病にかかってひどく咳き込んでいて、隔離しないと家族にも感染すると医者に言われていて、どうしようもない状態だった。

「治療すれば良くなる」というおしんに、兄は「金がない」と言い返した。言い争いを見かねたはるは自分から「納屋に行く、医者も薬もいらない、もうどうしようもない」と言った。

おしんは医者を呼んではるを診てもらったが、やはり覚悟が必要な状態だった。

庄治は、はるとおしんがいることで金が減る事に愚痴を言い、おしんと口論になった。作造は「ひどいのは製糸工場だ」と怒っていた。

はるは、自分の命がなくなるのを覚悟していた。懸命に世話をしてくれるおしんに、はるは「生まれ変われるとしたら、小作の家だけには生まれて来たくない」としみじみと言った。

■次回あらすじ

おしんのあらすじ 46/47/48話|姉・はるが製糸工場の激務で肺病に

続きを見る

おしんまとめトップページ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

プロフィールページへ

-おしん

© 2021 名作あらすじ & 感想