漫画・絵本

ワカメちゃんのスカートはなぜ短い?【2つの理由があった】

2021年5月4日

この記事ではワカメちゃんのスカートが短さの理由を考察しています。

漫画「サザエさん」の磯野家の次女・ワカメちゃんは、小学校3年生なのにミニスカートにかぼちゃパンツという服装で、不思議な感じですが、そこにはどうやら2つ理由があるようでした。

理由① それが流行りだった時代があった

以前、テレビでサザエさんが放映されていた時、母親に「何でワカメちゃんってあんなにスカート短いんだろね。年齢的におかしくね?」と、日ごろの疑問を呟きました。

全く正しい答えを求めていたわけではないのですが、母親からは正しいに違いないと思われる答えが返ってきました。

むかし家計に余裕がない家では、子供に洋服を買い与えることが出来ない家も多かった。そういう家では、一度買った洋服を何年も着続けられるように、ぶかぶかのサイズの服を買って子供に着させていた。

一方でお金に余裕がある家は、「うちはいつでも子供に新しい服を新調できるのよっ」というのを示すために、女の子にはワカメちゃんルックのようなツンツンルテンの洋服を着せていた。

→丈が長いブカブカの服を着せるのは貧乏な家の子供のスタイルだから、その逆を取ってギリギリ丈の服を着せていた、ということらしいです。

お金持ちのマウンティング?!まじで? と思いましたが、サザエさんが連載された時期は、うちの母親の子供時代と重なり(母は団塊世代)、母もさも当然のこととして断言調で言っていたので、理由の一つとして間違いないのではと思います。(うちの母の家はぶかぶか派だったそうです)

なおネットで昔の子供のファッションを検索すると、実際に超ミニでかぼちゃパンツを見せた幼い女の子の写真が見つかりますので、ワカメちゃんの格好は漫画上の創作ではなく、実際に昔ああいう服装をした子供がいたのは確かです。

昔の子供のスカートが短い理由についてもネットでさっと調べましたが、「かわいらしいから」とかいうようなものがあるだけでした。(それも理由の一つなのかもしれません)

なお、昔はかぼちゃパンツを着用してるので、今の下着と感覚も違うんだろうとも思います。(10数年前位に流行ったレギンス+超ミニみたいな感覚なのかと)

理由② 原作とアニメの年齢設定の違いがある

サザエさんの原作漫画でのワカメの年齢は「最終的に小学校1年生」であり、また漫画スタート時は5才くらいだったようです。

テレビアニメでは3年生なので、さすがに3年生であの丈は、、と思えますが、5才くらいならまだあのスタイルも多少納得行きますね‥たぶん。

 

理由の考察は以上です。※それは違う/その通りです!など正確なことを知っている方がいたら教えてください

「サザエさん」原作について

「サザエさん」はテレビアニメのイメージがありますが、もともとは福岡の地方新聞に掲載されていた4コマ漫画です。

私も下記の復刊版を読みましたが、アニメとは異なり時代を風刺するエピソードも書かれていたりして、当時の雰囲気が見れて面白いです。1巻は、戦後翌年に描かれた内容で時代の経過を感じ、サザエは独身でマスオさんもタラオもまだ登場しません。イカちゃんとかいう友人が登場してネーミングが笑えます(巻末には用語解説付きです)

 

↓こちらは1990年代に流行った、サザエさんについての疑問や謎を解説する本で、(若い方は知らないと思いますが)話題になり200万部も売れたというすごい本です。当時この本を皮切りに、アニメや漫画の謎解き本が流行ったのが懐かしいです。

■関連記事

1979年放映の朝ドラ「マー姉ちゃん」のあらすじをまとめてあります。サザエさんの原作者・町子さんの姉・毬子さんを主人公にしたドラマで、主演は熊谷真実さんです。2021年下期に再放送されました。

「マー姉ちゃん」あらすじネタバレ相関図|長谷川町子一家がモデルの朝ドラ!

続きを見る

まーねちゃん あらすじネタバレ1~6話【第1週】マリ子が絵の展覧会で金賞を受賞

続きを見る

こちらの記事では長谷川町子さんの関連本を紹介しています。

サザエさん・長谷川町子さん関連本の紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みずのと

●不朽の名作~最新ものまで色々なドラマや読書を日々楽しんでします ●普段の仕事は会社員で文章を分かりやすくまとめる仕事をしていたことがあります ●東京在住

-漫画・絵本