おしんのあらすじ 61/62/63話|加代と再会・おしんは髪結いとして独立

NHK朝ドラ おしんのあらすじ 60話61話62話のストーリーです。いよいよ洋髪の髪結いとして独立することになったおしんですが、銀座のカフェで加代に再会します。

出演者:田中裕子(おしん)、東てる美(八代加代)、渡辺美佐子(長谷川たか)、田中世津子(豊/弟子)、真野ゆうこ(その/弟子)、木瓜みらい(袖/弟子)、島村美妃(けい/弟子)、富沢美智江(夏/弟子)、名川忍(律/弟子)

■前回あらすじ

スポンサーリンク

おしん 61話 加代と再会

おしんと再会した加代は、驚き走って逃げて行ってしまったが、おしんが必死で追いかけ追いつく事が出来た。おしんは加代に抱き着いて泣いた。

加代は自分の部屋におしんを連れて行き、おしんの怪我を手当をした。おしんが浩太について聞いたが、最近は帰って来ていないようだった。加代は、おしん宛ての浩太の手紙を勝手に開けたことを謝り、「家も家族も全部捨てておしんも裏切った」と言った。

おしんが「済んでしまったこと。お加代様と浩太さんが幸せに暮らしてたらそれで…」と言うと、加代は「浩太さんには捨てられてしまった。良くしてもらったのは初めの内だけで、出て行って二月も三月も放って置かれる。結婚の約束した訳でもないし。半年以上も寄り付かない。結局愛情ってもんもなかったんだね」と言った。

加代は「おしんに会えて良かった。さっきは会うのが怖くて逃げたど、心の重荷がひとつ取れた」と言い、おしんが髪結いをしていることを驚いていた。

おしんは加代に酒田に帰るよう懇願したが、加代が拒否したので、小夜が亡くなったことを伝えた。加代は言葉を失った。

おしんは「大奥様たちの気持ちにもなって下さい。浩太さんと幸せに暮らしているのなら、こんなこと言うつもりはなかったですが」と言ったが、加代は「酒田に帰ったら二度と浩太さんには会えないんだよ。私に会ったことは忘れてくれ」と声を絞りだして言った。

おしん 62話 田倉竜三との出会い

翌日、おしんは神田のカフェで染子と昨日の話をした。出髪を依頼した染子の得意客・田倉が、おしんが昨日に置き去りにした出髪の道具を長谷川の店まで届けてくれたらしかったが、その時おしんは不在で会えていなかった。染子は「いい男だから見せたかった。地主の息子で、電話しても爺やが居て取り次いでくれない」と話した。

他の女給がおしんに「表に客が来ている」と声をかけたので、おしんが降りると、加代が来ていた。加代は、一度酒田に帰ることにしたが部屋はそのままにしておくので、もし浩太が帰ってきたらおしんを訪ねるように書き置きしておくからよろしく、と頼んで来た。

仕事後、おしんは加代の部屋を訪ね「独立して時間も自由になるので、浩太が帰って来てもいいように片付けをしておく」と加代に言った。

そこに田倉が現れた。加代は自分が勤める店の客である田倉と親しいようで、おしんと加代は田倉にフランス料理をご馳走になる事になった。おしんには、田倉が全く生きる世界の違う人で(毎晩カフェに出没する事から)ひどくばかばかしい男に思えた。

おしん 63話 髪結い師として独立

加代は3年振りに酒田に戻った。若奥様は加代の帰りを泣いて喜んだが、大奥様は怒り、顔を見るなり加代の頬を叩いた。加代は「殴られてもしょうがない。家も親も捨てて二度と敷居を跨がないつもりだった。ただ、おしんと会って小夜の事聞いたから…」と頭を下げた。

大奥様は泣きそうになるのを堪え、加代を迎え入れた。

加代が不在の間、東京ではおしんは暇を見て加代の部屋を掃除していた。おしんが長谷川に戻ると、師匠のたかが、おしんが独立後住む部屋を見つけてくれていた。近くの年寄り夫婦の家の2階の部屋だという。

おしんは出髪に行った神田のカフェで、明日引っ越す事を報告した。染子は「おしんならやっていける」と声をかけた。

引っ越しの日、たかはおしんにこれまで貯めていた心づけを渡し、「今日からあんたのその腕一本で生きてくんだ。誰も助けてくれない。そのつもりで。お客さんに可愛がってもらえる髪結いにおなり」と激励した。

おしんが新居にわずかな荷物を持って到着すると、既に染子達が来ていて、引っ越し祝いとしてちゃぶ台や座布団、急須と湯のみ、布団用や鍋、瀬戸物などを持って来てくれていた。

そこに律が現れ、加代からの手紙を渡した手紙には加代の現況が書いてあり「浩太さんを待つため東京へ帰りたいが、いつ帰れるか分からない」とあった。

酒田では、加代が「東京に戻って絵描きの勉強をする」と訴えていたが、大奥様は認めず、「男がいるなら何で連れて来なかったのか?」と問い詰め、主人は「加賀屋にはお前しかいない」と加代が酒田に留まる事を懇願していた。

■次回あらすじ